1/43scale Multi-Material Kit : F1-89 (640)



2021年5月発売予定 May 2021
Price : TBA

[ F1-89 (640)について -About the F1-89 (640)- ]
1987年から88年にかけてのグランプリをV6ターボエンジン搭載のF187(/88C)で戦ったフェラーリは、J.バーナードの手により開発を進めていた革新的機構を持つニューマシン、639を88年シーズン半ばに遅れて完成させたものの、フェラーリ総帥エンツォ・フェラーリの死去という出来事も重なり、実戦投入はされず、さらなる改良を加えたマシン、F1-89(640)が1989年シーズンにデビューすることとなりました。
F1-89は、セミオートマチックトランスミッション搭載というF1では初の機構を採用し、V6ターボに替わり自然吸気V12エンジンを搭載、トーションバースプリングのフロントサスによるスマートなノーズデザイン、コークボトルラインと呼ばれる特徴的な形状のボディラインを持ったマシンとしてサーキットに姿を現しました。
89年開幕戦ブラジルではこの年移籍してきたN.マンセルが優勝を飾る幸先のよいスタートを切りましたが、その後シーズンを通して主にセミATのトラブルによるリタイヤが続き、苦戦を強いられました。それでもF1-89は、A.プロストとA.セナを擁するマクラーレン・ホンダやウィリアムズ・ルノーといったライバル勢に対し、シーズン3勝を挙げる活躍を見せたのでした。
In 1987, J. Barnard was tasked with designing a new F1 machine for Ferrari for the following race year. However the new car, 639, was not completed until late into the 1988 season. Along with the weight of Enzo Ferrari`s death in 1988, the 639 was never used in an actual race and instead the F187(/88C) was used for both the 1987 and 1988 season. The 639 would be further upgraded to the F1-89(640) – the first Formula 1 machine to run on a semi automatic transmission. Equipped with a V12 engine, front suspensions running on torsion bar springs, and sporting a sharp nose and cork bottle body line, it made it debut on the circuit during the 1989 season.
The car managed to take championship in its debut race under the hands of N. Mansell, who joined the team in the same year. However due to ongoing troubles with the semi automatic transmission system the car retired from many races. Despite such issues, the F1-89 was able to give fierce competition to its rivals William-Renault and the McLaren Honda duo, A.Prost and A.Senna. In the end it was able to take three championships during the 1989 season.


[ キット概要 -Kit Details- ]

■ホワイトメタル、アルミ挽物、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、シルクスクリーン印刷デカール等を使用したマルチ・マテリアル・キット。
■ホイールリムはアルミ挽き物製。
■ゴムタイヤはメーカーロゴ印刷済み。
■ボディカウルは着脱可能で、完成後も内部構造を見ることができます。

- a full detailed,multi-material kit featuring white metal, turned matal parts, etching, rubber tires and decals allowing for maximum representation of the original vehicle.
- aluminum turned parts used for wheel rim.
- Pre-printed sponsor logos featured on tires.
- body cowl can be removed, allowing full view of the detailed interior after completion.


[ バリエーション -Variations- ]

1/43scale : F1-89(640)
K783 - Ver.A : Early Type
1989 Rd.1 Brazilian GP Winner #27 N.Mansell / #28 G.Berger

・フェラーリ移籍後初戦となったN.マンセルが優勝を飾った1989年開幕戦ブラジルGP仕様をキット化しました。
・エンジンカウルが低く設計された初期型タイプ。
・Ver.B/Cとは異なるフラップのフロントウイングも再現。
– based on the version used in the debut race in the 1989 season, where N.Mansell took his first victory after just joining the Ferrari team.
– lower engine cowl used unique to the early build of the car.
– features a different front wing flap compared to Ver.B/C.


1/43scale : F1-89(640)
K784 - Ver.B : Late Type
1989 Rd.10 Hungarian GP Winner #27 N.Mansell / #28 G.Berger

・N.マンセルがシーズン2勝目を飾ったハンガリーGP仕様を再現。
・後期型の特徴であるハイインダクションタイプのエンジンカウル。
・Ver.Aとは異なるフロントダンパーやラジエーター類もパーツ化。
・Ver.A/Cとは異なる6枚フラップのリアウイング。
– based on the version used at the Hungarian GP where N.Mansell managed his second win of the season.
– high induction type engine cowl used unique to the late build of the car.
– features different front damper and radiator parts compared to Ver.A., and a unique six flap rear wing compared to Ver.A/C.


1/43scale : F1-89(640)
K785 - Ver.C : Late Type
1989 Rd.13 Portuguese GP Winner #28 G.Berger

・G.ベルガーがシーズン初優勝したポルトガルGP仕様をモデル化。
・Ver.A/Bとも異なる形状のリアウイングを再現。
– based on the version used at the Portuguese GP where G.Berger took his first victory of the season.
– features different rear wing compared to Ver.A/B.


  • 1/43 F1-89(640)
  • 1/43 F1-89(640)


[ 2021年5月発売 / May 2021 Released ]

*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)





ページトップへ