1/12scale Fulldetail Kit : ?

2023年1月発売予定 January 2023
Price : \TBA- (+tax)

今回の新製品は、生産スケジュールの都合上、初回数量限定生産となります。
ですので、ご予約・ご注文はお早めにお願いいたします。
Due to production scheduling, there will be a limited number available for the initial run of this kit. For customers who wish to purchase this kit please place a pre-order as soon as possible.



[ キット概要 -Kit Details- ]


●K820 - 1/12scale Fulldetail Kit :


[ 2023年1月発売 / January 2023 released ]

*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)





1/12scale Proportion Kit : 488 GTE Evo 2022

2022年12月発売予定 December 2022
Price : \65,000- (+tax)

今回の新製品は、生産スケジュールの都合上、初回数量限定生産となります。
ですので、ご予約・ご注文はお早めにお願いいたします。
Due to production scheduling, there will be a limited number available for the initial run of this kit. For customers who wish to purchase this kit please place a pre-order as soon as possible.


[ キット概要 -Kit Details- ]

■2022年のWECで活躍した、AF CORSEチームの"488 GTE Evo"をモデル化しました。2023年よりLM GTE PROクラスが廃止されることがアナウンスされ、フェラーリ・ワークスはハイパーカークラスでの参戦を予定しており、この488はLM GTE PROクラスでの最後のマシンとなります。
■ホワイトメタル、ウレタン樹脂、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、シルクスクリーン印刷デカールを使用したマルチ・マテリアル・キット。
■少ないパーツ点数で短期間に組み立てから完成までが楽しめるプロポーション・キットです。

- Based on the 488 GTE Evo used by the AF Corse team for the 2022 FIA World Endurance Championship. With the LMGTE Pro category being eliminated in 2023 the 488 will be the last LMGTE Pro car from the Ferrari team. As a result the works team will be entering the Hypercar class instead in the next WEC season.
- a multi-material kit featuring white metal, resin, photoetching, rubber tires, and decals allowing for maximum representation of the original vehicle.
- a proportion kit featuring minimal parts allowing for quick assembly




●K819 - 1/12scale Proportion Kit : 488 GTE Evo 2022
 WEC 2022
 LM GTE PRO class : AF Corse #51 / #52


[ 2022年12月発売 / December 2022 released ]


*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)






1/12scale Fulldetail Kit : 333 SP



2022年11月発売予定 November 2022
Price : \85,000- (+tax)

今回の新製品は、生産スケジュールの都合上、初回数量限定生産となります。
ですので、ご予約・ご注文はお早めにお願いいたします。
Due to production scheduling, there will be a limited number available for the initial run of this kit. For customers who wish to purchase this kit please place a pre-order as soon as possible.




[ 333 SPについて -About the 333 SP- ]

1973年の312PB以来、フェラーリが21年ぶりにスポーツカーレースに参加することとなる"333 SP"の物語は、ステアリングホイールやレースギアのメーカーであるMOMO社の創業者であり、レーシングドライバーでもあったジャンピエロ・モレッティがIMSA(北米のスポーツカーレース統括団体)のプロトタイプレースに参戦しようと計画するところから始まります。モレッティは、IMSAで1994年より市販車エンジンをベースにしたWSCクラスが創設される機会にあわせてレース参戦することをフェラーリに提案します。
そしてこのマシン計画はフェラーリの子会社フェラーリ・エンジニアリングが担当し、ダラーラが設計・製作を受け持つ形で動き出しました。エンジンは市販車F50用に開発中のV12エンジンを改良したF130E型が搭載され、シャーシはカーボンを多用したフラットボトムシャーシ、サスペンションはF1に近い構造のプッシュロッド式が採用されることとなりました。
こうして完成した"333 SP"は、フェラーリワークスではなく、プライベーターへの供給、という形でのレース参加となりました。1994年に北米でレースデビューした"333 SP"はこの年5勝を挙げ、翌95年にはセブリング12時間でも勝利を飾り、95年シーズンチャンピオンに輝きます。
デイトナ24時間レースには1996年から参戦し、3年目の98年に優勝、フェラーリとして27年ぶりのデイトナ勝利となりました。また、G.モレッティ自身もドライバーとして、1970年に512Sでデイトナ24時間に挑んで以来、16度目の挑戦で遂に勝利を掴んだのでした。この年最後のレース、ワトキンスグレン6時間レースでもモレッティは333SPで優勝し、40年近くにも及ぶレーシングドライバーの活動から引退します。そして"333 SP"は最終的に40台が生産され、2002年までレースで活躍し、多くの栄光を勝ち取ったのです。

The 333SP marked Ferrari's return to the sports car racing in 1994, having left the scene for 21 years since entering the 312PB in 1973. The decision was influenced by Giampiero Moretti, a racing driver and also the founder of the company MOMO (well known for making various auto parts and racing gear) - with IMSA (International Motor Sport Association) announcing a new prototype category in 1994 Moretti saw this as a chance and persuaded Ferrari to create a car for the category.
The car was designed by Dallara, a subsidiary of Ferrari. It used the F130 engine, which was a modified version of the V12 engine that would be later used on the street car F50. The chassis was a flat bottom chassis with heavy amounts of carbon fiber, and featured push-rod suspensions much like the ones found in Formula 1 cars.
Ferrari did not enter the cars themselves, but instead passed them on to various private teams. It debuted during a race in North America in 1994, and went on to win 5 races for the season. In the following season of 1995 it managed to win 12 hours of Sebring, along with a few other races which allowed it to take championship for the season.
The 333SP would continue to race in 24 hours of Daytona for the next following years, but would not take championship until 1998, ending Ferrari's 27 year Daytona victory drought. At the same time, it marked Moretti's first victory in Daytona ever after 16 tries since his first entry in 1970 with the 512S. Moretti would eventually go on to win the 6 hours of Watkins Glen before retiring, putting an end to his driving career after about 40 years. A total of 40 chassis were built for the 333SP, with various involved with races up until 2002.


[ キット概要 -Kit Details- ]

■1998年のデイトナ24時間レースで優勝した#30番車をモデル化しました。
■ホワイトメタル、ウレタン樹脂、金属挽き物、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、デカール、各種コード類を使用したマルチ・マテリアル・キット。
■ホイールリム・ホイールシャフト・ナットの各パーツは金属挽き物製で質感高く再現できます。ホイールナットは左右で異なる色をアルマイト仕上げで再現。
■カウルは取り外しが可能で、完成後も内部構造を見ることができます。

- based on car #30 - the winner of the 24 Hours of Daytona in 1998.
- a full detailed, multi-material kit featuring white metal, resin, etching, turned parts, rubber tires, silk screen decals and various cords allowing for maximum representation of the original vehicle.
- aluminum turned parts used for wheel rim, wheel shaft and locknut. Wheel locknut anodized in colour to reflect the colours used on the original car.
- cowl removable, allowing full view of the detailed interior after completion.




●K818 - 1/12scale Fulldetail Kit : 333 SP
 1998 Daytona 24hours winner
 #30 G.Moretti / A.Luyendyk / M.Baldi / D.Theys


[ 2022年11月発売 / November 2022 released ]


*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)







1/12scale Fulldetail Kit : 300SLR Mille Miglia



2022年9月発売予定 September 2022
Price : \93,500- (+tax)


[ キット概要 -Kit Details- ]

■1955年のミッレミリアで優勝した、スターリング・モスの#722番車をモデル化しました。
■ホワイトメタル、ウレタン樹脂、金属挽き物、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、デカール、各種コード類を使用したマルチ・マテリアル・キット。
■ライトリム・ホイールリム・ホイールシャフト・ナット・メーターの各パーツは金属挽き物製で質感高く再現できます。
■ホイールのスポークは金属線を組んでいく組み立て式。リアルにワイヤーホイールを再現できます。
■フロントボンネット・ドア・リアボンネットは開閉が可能で、完成後も内部構造を見ることができます。

- based on the 1955 Mille Miglia winner Car #722 - Stirling Moss - constructable from this kit.
- a full detailed, multi-material kit featuring white metal, resin, etching, turned parts, rubber tires, silk screen decals and various cords allowing for maximum representation of the original vehicle.
- aluminum turned parts used for light rim, wheel rim, wheel shaft, lock nut and meter.
- wire wheel built from a combination of aluminum turned wheel rim and stainless spokes allowing for realistic representation.
- front bonnet, door and rear bonnet can be opened and closed, allowing full view of the detailed interior after completion.




●K817 - 1/12scale Fulldetail Kit : 300SLR Mille Miglia
 1955 Mille Miglia winner #722 Stirling Moss / Denis Jenkinson

[ 2022年9月発売 / September 2022 released ]


*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)





Connector/Joint Set



近日発売予定 Coming soon
Price :
P1164 - Connector/Joint Set [ L-size ] :  \2,500- (+tax)
P1165 - Connector/Joint Set [ S-size ] :  \2,000- (+tax)


■光造形樹脂製コネクター&ジョイントのセットです。
■各コネクター/ジョイントの両端部は穴が開いているので、パイピングの際はピンバイスで開口する必要がありません。
■主に1/12スケールを中心に利用できるLサイズと、主に1/20・1/24スケールに利用できるSサイズの2種をラインナップ。
■Lサイズは、SET1~5のランナー構成セットが各1組づつ同梱。また、SET2の分割コネクターは、オス/メス両型が入っており、連結させて使う事ができます。
■Sサイズは、SET1~4のランナー構成セットが各1組づつ同梱。

■ piping connectors and joints set made from 3D printing.
■ connectors and joints come holed out on both sides, ready to be fitted with piping without any extra drilling.
■ available in two sets: L size set which are scaled for use with 1/12 kits, and S size set that is scaled for use with 1/20 and 1/24 scale kits.
■ L size set comes in one set of 5 different runners containing various connectors and joints. The parts on “Set 2” are male and female connectors that can be combined into one piece.
■ S size set comes in one set of 4 different runners containing various connectors and joints.



●P1164 - Connector/Joint Set : [ L-size ]







●P1165 - Connector/Joint Set : [ S-size ]






*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)

Silver Wire Cord



近日発売予定 Coming soon
Price : \600- (+tax)

■各種パイピングに使用できるシルバー ワイヤー コードです。
■繊維製でありながら、金属風質感を持つ銀色のコードです。
■直径約0.8mmと、直径約0.6mmの2種をラインナップ。長さ約1m、一本入。

■ silver wire cord that can be used for various piping.
■ textile based thread that has been processed for a metal-like appearance
■ each pack includes one strand at 1m length. Available in two diameters of thickness: φ 0.8mm and φ 0.6mm.




●P1162 - Silver Wire Cord : [ φ0.8mm ]
●P1163 - Silver Wire Cord : [ φ0.6mm ]


*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)

2022年12月再販のお知らせ December 2022 Re-releases [1/12scale kit]

●初回生産で在庫切れとなりました下記1/12scale Kitを2022年12月に再販します。
 数量限定ですのでお早めのご予約をお願い致します。

ご予約はこちら

●毎回再生産時には多くのご注文をいただくので、生産に時間がかかります。ですので、ご注文はお早めにお願いいたします。遅い注文分はお届けまでお待ちいただく場合がございます。

●今回再生産分のキットは、在庫切れになると当分再生産の予定はありません。ご希望の方は、今回の再生産でのご注文をお願いいたします。


- The following 1/12scale kit, which was out of stock in the first production run, will be re-released in December 2022.

pre-order : here

- due to the popularity of reproduction kits, production wait time have been increased. Completion of the kits may be longer than usual.

- currently we do not have any further plans to reproduce the kits listed, so please place a pre-order if interested.




 ●K816 - 1/12scale Fulldetail Kit : Auto Union Type-C




 ●K817 - 1/12scale Fulldetail Kit : 300SLR Mille Miglia




1/12scale Fulldetail Kit : Auto Union Type-C



2022年7月発売予定 July 2022
Price : \80,000- (+tax)



[ Auto Union Type-Cについて -About the Auto Union Type-C- ]

1929年以後の世界恐慌の影響下でのドイツでは、多くの企業は企業合併による生き残りを模索する動きが多く見られました。そんな状況下で、1932年にドイツの自動車会社4社が合併して新会社、"Auto Union" (自動車連合の意)が生まれました。Auto Unionは知名度を上げるべく、ちょうどこの頃制定された”750kg Formula”規格のレースへの参戦を決め、元ダイムラー・ベンツの自動車技術者であったフェルディナント・ポルシェに車の設計を依頼することとなりました。F.ポルシェの設計したレーシングカーは、当時としては極めて異例なミッドシップ・エンジンレイアウトであり、そのマシンは”Auto Union P-Wagen”と名付けられました。
”Auto Union P-Wagen”は1934年のType-Aから、翌年のType-Bを経てさらに改良が重ねられ、1936年グランプリに投入されたマシンがType-Cです。Type-AからCまではすべて縦置きV16エンジンのミッドシップマシンとして設計されました。
グランプリにおいて1935年まではメルセデス W25が優勢でしたが、36年のType-Cの登場により、Type-Cに乗るベルント・ローゼマイヤーが3つのグランプリで勝利しヨーロッパ選手権タイトルを獲得する活躍を見せるのでした。

During the Great Depression that begun in 1929, many companies in Germany merged in order to survive through the devastating economy. One such merge was Auto Union, which was a merger between four automobile manufacturers in 1932. In order to raise familiarity of the company Auto Union decided to enter the 750kg Formula, outsourcing the design of the car to Dr. Ferdinand Porsche, who once served as a automobile designer at Daimler-Benz. The product of Porche's design was the “Auto Union P-Wagen”, which featured an unusual mid-ship engine layout for its time.
Type-A of the P-Wagen was designed for the 1934 season, with Type-B in the following year. In 1936 the entry was the Type-C, which was the accumulation of all the upgrades since the first build while retaining the mid-ship V16 engine design.
The Type-C was able to topple the dominating Mercedes W25 and allowed driver Rosemeyer to win the European Championship by winning 3 Grand Prixs in 1936.


[ キット概要 -Kit Details- ]

■1936年ヨーロッパ選手権グランプリ、第2戦ドイツGPで優勝したB.ローゼマイヤー車をモデル化しました。また、同GP2位に入ったH.シュトゥック車のゼッケンも同梱しています。
■Type-Cは1936年シーズン後半より仕様変更が成され、ノーズのスリットや右サイドのダクト構成、マフラー出口のボディ形状等々に手が加えられました。本キットはドイツGPまでの前半戦仕様をモデル化しています。
■ホワイトメタル、ウレタン樹脂、金属挽き物、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、デカール、各種コード類を使用したマルチ・マテリアル・キット。
■ホイールリム、メーター、燃料キャップ、マフラーエンドの各パーツは金属挽き物製で質感高く再現できます。
■フロントとリアのトップカウルは取り外しができ、完成後も内部構造を見ることができます。

- based on the build used during Rd 2 German GP in 1936 where B. Rozemeyer won the championship. The car used by H. Stuck, who took 2nd place in the same race, can also be built.
- the kit is based on an earlier build of the Type-C. A different build was used in the later half of the 1936 season, featuring slits in the nose, ducts on the right side, and differences to the muffler mouth and body shape.
- a full detailed, multi-material kit featuring white metal, resin, etching, turned parts, rubber tires, silk screen decals and various cords allowing for maximum representation of the original vehicle.
- aluminum turned parts used for wheel rim, meter, fuel cap and muffler end.
- front/rear top cowl can be removed, allowing full view of the detailed interior after completion.




●K816 - 1/12scale Fulldetail Kit : Auto Union Type-C
 1936 German GP winner #4 Bernd Rosemeyer


[ 2022年7月発売 / July 2022 released ]


*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)













1/12scale Fulldetail Kit : HONDA RA300



2022年6月発売予定 June 2022
Price : \78,000- (+tax)



[ キット概要 -Kit Details- ]

■1967年グランプリの前半戦をRA273で戦ったホンダは、インディ用ローラT90のパーツとHONDA RA273Eエンジンとの組み合わせで67年8月になってようやくRA300を完成させ、参戦一戦目イタリアGPで劇的な優勝を果たしました。1965年メキシコGP以来の第一期ホンダF1の2勝目、さらに最終ラップでのブラバムとのデッドヒートの末の劇的な勝利.. この日本モーターレーシング史においても記念すべき1967年イタリアGPでのRA300をモデル化しました。また、1967年 Rd.10 U.S. GP仕様にもできます。

■ホワイトメタル、ウレタン樹脂、金属挽き物、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、デカール、各種コード類を使用したマルチ・マテリアル・キット。

■ホイールリム、エンジンファンネルの各パーツは金属挽き物製で質感高く再現できます。

■ノーズ、トップカウルは取り外しができ、完成後も内部構造を見ることができます。

■本キット製作の参考資料として、下記2冊の書籍が好評発売中です。
 ・PHOTOGRAPH COLLECTION Vol.3 "HONDA RA300 in Detail"
 ・Racing Pictorial Series by HIRO No.28 : Grand Prix 1967 PART-01


– Honda used RA273 to race the first half of the 1967 F1 Grand Prix.. RA300 is built with Lola T90 and Honda RA273E Engine, and finished at August 1967. It won the champion in Italy GP dramatically. – Rd.9 Italian GP is the 2nd victory for the Honda since the 1965 Mexican GP. They fought with Brabham until the last lap and won dramatically. This full-detail kit is based on the winning car of the Italian GP with options for the U.S. GP in 1967 racing season.

- a full detailed, multi-material kit featuring white metal, resin, etching, turned parts, rubber tires, silk screen decals and various cords allowing for maximum representation of the original vehicle.

- aluminum turned parts used for wheel rim and engine funnel.

- nose and top cowl can be removed, allowing full view of the detailed interior after completion.

- Two books are now on sale as reference materials for making this kit.
 ・PHOTOGRAPH COLLECTION Vol.3 "HONDA RA300 in Detail"
 ・Racing Pictorial Series by HIRO No.28 : Grand Prix 1967 PART-01





●K815 - 1/12scale Fulldetail Kit : HONDA RA300
 1967 Rd.9 Italian GP winner #14 John Surtees / Rd.10 U.S. GP #3 John Surtees



[ 2022年6月発売 / June 2022 released ]


*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)





1/9scale Fulldetail Kit : BSA Blue Star 350 [1933]



2022年4月発売予定 April 2022
Price : \60,000- (+tax)



[ キット概要 -Kit Details- ]

■アルミ挽き物、エッチング、デカール、ホワイトメタル、ゴム等をふんだんに使用したマルチマテリアルキット。
■チェーンはエッチングとメタルパーツを使用した組み立て可動式。
■ホイールは、メタルリムに加工済みステンレススポーク、ステンレスパイプを組み合わせる構成でリアルに再現。

- a full detailed, multi-material kit featuring white metal, etching, metal turned parts, rubber tires, and decals allowing for maximum representation of the original vehicle.
- moveable bike chain built from a combination of etching and metal parts.
- a combination of stainless spokes, stainless pipes and metal rim used for wheels for a realistic representation.





[ パーツ・リスト -Parts List- ]

  • 1/9 BSA
  • 1/9 BSA
  • 1/9 BSA


●K814 - 1/9scale Fulldetail Kit : BSA Blue Star 350 [1933]


[ 2022年4月発売 / April 2022 released ]

*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)





ページトップへ