1/9scale Fulldetail Kit : ?



2021年7月発売予定 July 2021
Price : \TBA (+tax)

[ キット概要 -Kit Details- ]




●K790 - 1/9scale Fulldetail Kit :


[ 2021年7月発売 /July 2021 Released ]


*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)





1/43scale Multi-Material Kit : 330 P4 [ Spider ]



2021年6月末発売予定 June 2021
Price : \TBA (+tax)

[ キット概要 -Kit Details- ]

■1966年のルマンで敗北を喫したフェラーリがフォード勢に対抗すべく67年のサーキットに送り込んだマシンが330P4です。1967年の初戦となったデイトナ24時間レースでは、フォードやシャパラルといったライバルがリタイヤしていく中、P4は1-2フィニッシュするなどの活躍を見せました。
■ホワイトメタル、アルミ挽物、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、シルクスクリーン印刷デカール等を使用したマルチ・マテリアル・キット。
■ホイールリムはアルミ挽き物製。
■ゴムタイヤはメーカーロゴ印刷済み。
■前後ボディカウルは着脱可能で、完成後も内部構造を見ることができます。

- The Ferrari debuts the 330P4 at 1967, after the lose in the 1966 Le Mans to the Ford. The debut race was the Daytona 24 hours, 330P4 won the race with the first two positions as the powerful rivals like the Fords and the Chaparrals were retired.
- a full detailed,multi-material kit featuring white metal, turned matal parts, etching, rubber tires and decals allowing for maximum representation of the original vehicle.
- aluminum turned parts used for wheel rim.
- Pre-printed sponsor logos featured on tires.
- front and rear body cowl can be removed, allowing full view of the detailed interior after completion.


[ バリエーション -Variations- ]

●K787 - Ver.A :
 1967 Daytona 24hours #23 L.Bandini / C.Amon

●K788 - Ver.B :
 1967 Targa Florio #224 N.Vaccarella / L.Scarfiotti

●K789 - Ver.C :
 1967 Sarthe 24hours Race #20 C.Amon / N.Vaccarella



[ 2021年6月発売 / June 2021 Released ]


*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)






2021年7月再販のお知らせ July 2021 Re-releases



永らく在庫切れでした下記1/9 Motorcycle Kitを2021年7月に再販します。
数量限定ですのでお早めのご予約をお願い致します。
ご予約はこちら

A selection of 1/9 scale motorcycles will be reproduced for July 2021.
Only a limited number will be produced for each model so please place a pre-order as soon as possible.
pre-order : here




1/9scale Fulldetail Kit :
●K485 - Brough Superior SS100





1/9scale Fulldetail Kit :
●K540 - MONTGOMERY BRITISH ANZANI 8/38h.p.





1/9scale Fulldetail Kit :
●K567 - HRD VINCENT BLACK SHADOW





1/9scale Fulldetail Kit :
●K621 - Ver.A : Black Shadow 1950
●K622 - Ver.B : “White Shadow”




1/9scale Fulldetail Kit :
●K637 - Ver.A : Knucklehead 1940
●K638 - Ver.B : Knucklehead 1947




1/9scale Fulldetail Kit :
●K712 - Panhead 1948





1/9scale Fulldetail Kit :
●K790 - ?




1/12scale Fulldetail Kit : XJ13



2021年6月発売予定 June 2021
Price : \80,000 (+tax)



[ XJ13について - About the XJ13 - ]

1950年代にDタイプでル・マンにおいて成功を収めたジャガーは、60年代に入り新しいプロトタイプレーシングカーの開発に取り掛かります。CタイプやDタイプを手掛けたマルコム・セイヤーが設計を担当し、新型V12エンジンをミッドシップに搭載、このニューマシンは1966年に完成し、XJ13と名付けられました。
XJ13は、当時のライバル、フォードやフェラーリに対抗しうるマシンとして67年ル・マンに投入すべくテスト走行をこなしていました。テスト走行ではコースのラップレコードを記録するなど、そのポテンシャルを予感させる結果を出していました。しかし、会社の経営状況や市販車の販売傾向との相違、さらにFIAによるレースレギュレーションの変更といった要因が重なり、XJ13は開発中止、一度もレースに出走することなく幻のレーシングカーとして倉庫に送られることになりました。
そして1970年代に入り、XJ13用エンジンを起源とするV12エンジンがEタイプ・シリーズ3に搭載されることになり、Eタイプのプロモーションビデオ撮影の為にXJ13を走行させることが決まります。迎えた1972年1月20日、イギリス・ウォリックシャー州にある、かつてテスト走行を繰り返していたMIRAテストコースのバンクにて、225km/hで走行中のXJ13はリア部を破損しクラッシュ、一台のみしか現存しないXJ13は大破してしまいます。幻に終わったとはいえ、レースでの活躍を期待され開発されたこのマシンを惜しむ声も強く、関係者は2年の歳月をかけレストアを行い、ほぼオリジナルに近い形でXJ13を復活させます。そして現在ではBritish Motor Museumに走行可能な状態で保管され、後世にその姿を残すことになったのです。

Following the successes of the Type D in Le Mans during the 1950s, Jaguar started development on a new prototype racing car in the 1960s. With Malcolm Sayer, the designer behind the Type C and Type D, in charge, the XJ13, which ran on a newly designed V12 mid-ship engine, would be completed in 1966.
The XJ13 was put into test in preparation for the 1967 Le Mans, and showed potential to fight evenly against rivals Ford and Ferrari at the time. However due to a focal shift in business to commercial vehicles and with FIA changing race regulations, further development on the car was halted and the car was put into storage before it ever got to race.
In the 1970s, to promote the newly designed Series 3 E-type engine (which is based on the V12 engine originally designed for the XJ13), the XJ13 was taken out of storage for use in the promotion video. On January 20th, 1972, the car was taken to the MIRA test course in Warwickshire, UK where it ran test laps in the past. However, the tire suffered damage during a run and resulted in a crash that heavily damaged the car. In order to leave behind some form of the car, it would eventually be restored over a 2 year period of time with specifications similar to the original. The car can now be found at the British Motor Museum in an operable state.


[ キット概要 -Kit Details- ]

■ボディフェンダー部やリベット位置等、レストア前のオリジナルモデルを立体化しました。
■ホワイトメタル、ウレタン樹脂、金属挽き物、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、デカール、各種コード類を使用したマルチ・マテリアル・キット。
■ホイールリム、ホイールナット、ヘッドライト、エンジンファンネル、シフトノブはアルミ挽き物製。マフラーエンド部はステンレス製。
■ドアとリアカウルは開閉が可能で、フロント/リアボンネットは取り外しができ、完成後も内部構造を見ることができます。
■キットと同時発売で、ボディに取り付けることでディテールアップできるリベットセットを発売します。
 詳細はこちら>> “P1161: 1/12scale Rivet Set [ for 1/12scale XJ13 ]”

- body fender shape and rivet location based on design of the original car before the crash/restoration.
- a full detailed, multi-material kit featuring white metal, resin, etching, turned parts rubber tires, silk screen decals and various cords allowing for maximum representation of the original vehicle.
- aluminum turned parts used for wheel rim, wheel nut, headlight, engine funnel and shift knob. stainless parts used for muffler end.
- door and rear cowl can be opened and closed, and front and rear bonnet can be removed, allowing full view of the detailed interior after completion.
- “1/12scale Rivet Set [ for 1/12scale XJ13 ]” to be released along with this kit.




[ パーツ・リスト -Parts List- ]




●K786 - 1/12scale Fulldetail Kit : XJ13


[ 2021年6月発売 / June 2021 Released ]


*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)





1/12scale Fulldetail Kit : DBR1



2021年5月発売予定 May 2021
Price : \83,000 (+tax)



[ キット概要 -Kit Details- ]

■1959年LM24時間レースを制したR.Salvadori/C.Shelby組の5番車をモデル化しました。また、2位に入ったM.Trintignant/P.Frère組の6番車、S.Moss/J.Fairman組の4番車も選択できます。
■ホワイトメタル、ウレタン樹脂、金属挽き物、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、デカール、各種コード類を使用したマルチ・マテリアル・キット。
■ホイールリム、ホイールナット、ヘッドライトはアルミ挽き物製。
■ホイールのスポークは金属線を組んでいく組み立て式。リアルにワイヤーホイールを再現できます。
■ドアは開閉が可能で、フロント/リアボンネットは取り外しができ、完成後も内部構造を見ることができます。

- Based on Car #5 driven by R.Salvadori/C.Shelby that won the 1959 24 Hours of Le Mans. 2nd place winner Car #6 driven by M.Trintignant/P.Frère and Car #4 driven by S.Moss/J.Fairman can also be constructed from this kit.
- a full detailed, multi-material kit featuring white metal, resin, etching, turned parts rubber tires, silk screen decals and various cords allowing for maximum representation of the original vehicle.
- aluminum turned parts used for wheel rim, wheel nut and headlight.
- wire wheel built from a combination of aluminum turned wheel rim and stainless spokes allowing for realistic representation.
- door can be opened and closed, and front and rear bonnet can be removed, allowing full view of the detailed interior after completion.




●K782 - 1/12scale Fulldetail Kit : DBR1
 1959 LM
 Winner #5 R.Salvadori / C.Shelby
 2nd #6 M.Trintignant / P.Frère
 #4 S.Moss / J.Fairman

[ 2021年5月発売 / May 2021 Released ]


*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)





1/43scale Multi-Material Kit : F1-89 (640)



2021年5月~6月発売予定 May or June 2021
Price : \16,000 (+tax)




[ F1-89 (640)について -About the F1-89 (640)- ]

1987年から88年にかけてのグランプリをV6ターボエンジン搭載のF187(/88C)で戦ったフェラーリは、J.バーナードの手により開発を進めていた革新的機構を持つニューマシン、639を88年シーズン半ばに遅れて完成させたものの、フェラーリ総帥エンツォ・フェラーリの死去という出来事も重なり、実戦投入はされず、さらなる改良を加えたマシン、F1-89(640)が1989年シーズンにデビューすることとなりました。
F1-89は、セミオートマチックトランスミッション搭載というF1では初の機構を採用し、V6ターボに替わり自然吸気V12エンジンを搭載、トーションバースプリングのフロントサスによるスマートなノーズデザイン、コークボトルラインと呼ばれる特徴的な形状のボディラインを持ったマシンとしてサーキットに姿を現しました。
89年開幕戦ブラジルではこの年移籍してきたN.マンセルが優勝を飾る幸先のよいスタートを切りましたが、その後シーズンを通して主にセミATのトラブルによるリタイヤが続き、苦戦を強いられました。それでもF1-89は、A.プロストとA.セナを擁するマクラーレン・ホンダやウィリアムズ・ルノーといったライバル勢に対し、シーズン3勝を挙げる活躍を見せたのでした。
In 1987, J. Barnard was tasked with designing a new F1 machine for Ferrari for the following race year. However the new car, 639, was not completed until late into the 1988 season. Along with the weight of Enzo Ferrari`s death in 1988, the 639 was never used in an actual race and instead the F187(/88C) was used for both the 1987 and 1988 season. The 639 would be further upgraded to the F1-89(640) – the first Formula 1 machine to run on a semi automatic transmission. Equipped with a V12 engine, front suspensions running on torsion bar springs, and sporting a sharp nose and cork bottle body line, it made it debut on the circuit during the 1989 season.
The car managed to take championship in its debut race under the hands of N. Mansell, who joined the team in the same year. However due to ongoing troubles with the semi automatic transmission system the car retired from many races. Despite such issues, the F1-89 was able to give fierce competition to its rivals William-Renault and the McLaren Honda duo, A.Prost and A.Senna. In the end it was able to take three championships during the 1989 season.


[ キット概要 -Kit Details- ]

■ホワイトメタル、アルミ挽物、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、シルクスクリーン印刷デカール等を使用したマルチ・マテリアル・キット。
■ホイールリムはアルミ挽き物製。
■ゴムタイヤはメーカーロゴ印刷済み。
■ボディカウルは着脱可能で、完成後も内部構造を見ることができます。

- a full detailed,multi-material kit featuring white metal, turned matal parts, etching, rubber tires and decals allowing for maximum representation of the original vehicle.
- aluminum turned parts used for wheel rim.
- Pre-printed sponsor logos featured on tires.
- body cowl can be removed, allowing full view of the detailed interior after completion.





[ バリエーション -Variations- ]

1/43scale : F1-89(640)
K783 - Ver.A : Early Type
1989 Rd.1 Brazilian GP Winner #27 N.Mansell / #28 G.Berger

・フェラーリ移籍後初戦となったN.マンセルが優勝を飾った1989年開幕戦ブラジルGP仕様をキット化しました。
・エンジンカウルが低く設計された初期型タイプ。
・Ver.B/Cとは異なるフラップのフロントウイングも再現。
– based on the version used in the debut race in the 1989 season, where N.Mansell took his first victory after just joining the Ferrari team.
– lower engine cowl used unique to the early build of the car.
– features a different front wing flap compared to Ver.B/C.


1/43scale : F1-89(640)
K784 - Ver.B : Late Type
1989 Rd.10 Hungarian GP Winner #27 N.Mansell / #28 G.Berger

・N.マンセルがシーズン2勝目を飾ったハンガリーGP仕様を再現。
・後期型の特徴であるハイインダクションタイプのエンジンカウル。
・Ver.Aとは異なるフロントダンパーやラジエーター類もパーツ化。
・Ver.A/Cとは異なる6枚フラップのリアウイング。
– based on the version used at the Hungarian GP where N.Mansell managed his second win of the season.
– high induction type engine cowl used unique to the late build of the car.
– features different front damper and radiator parts compared to Ver.A., and a unique six flap rear wing compared to Ver.A/C.


1/43scale : F1-89(640)
K785 - Ver.C : Late Type
1989 Rd.13 Portuguese GP Winner #28 G.Berger

・G.ベルガーがシーズン初優勝したポルトガルGP仕様をモデル化。
・Ver.A/Bとも異なる形状のリアウイングを再現。
– based on the version used at the Portuguese GP where G.Berger took his first victory of the season.
– features different rear wing compared to Ver.A/B.


  • 1/43 F1-89(640)
  • 1/43 F1-89(640)


[ 2021年5月発売 / May 2021 Released ]

*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)





1/43scale Multi-Material Kit : McLaren MP4/8



2021年4月発売予定 April 2021
Price : 16,000yen (+tax)




[ McLaren MP4/8について -About the McLaren MP4/8- ]

ウィリアムズ・ルノーにチャンピオンの座を譲ることとなったマクラーレンチームの1992年シーズンが終了し、それまでタッグを組んでいたホンダとの関係も終わりを告げることになります。迎えた1993年のマクラーレンは、フォードHBエンジンの搭載、ハイテクシステムの採用、A.セナの新チームメイトに元CART王者マイケル・アンドレッティ、という新体制でグランプリを戦うこととなります。この93年シーズンに向けてマクラーレンチームが投入したニューマシン、それがMcLaren MP4/8です。MP4/8は、MP4/7から主に空力面での改良が施され、ハイノーズの採用やバージボードの設置といった新機構を取り入れます。しかし、新体制のマクラーレンはこの年も前年と同じくウィリアムズ・ルノーに大きく差をつけられてしまいます。第2戦3戦とセナが連勝し、第6戦モナコでも勝利しましたが、以降優勝から遠ざかり、ウィリアムズのみならず同じフォードエンジンを搭載するベネトンにも苦戦、M.アンドレッティも不調により終盤3戦はM.ハッキネンにセカンドドライバーの座を譲る事態に見舞われます。しかしMP4/8は、空力性能の向上と軽量化及びハイテク化、セナのドライビングテクニックが相まって、苦戦しつつもシーズン5勝を挙げる活躍を見せ、最終的にはコンストラクターズ2位、セナがドライバーズで2位の成績を残すことになるのです。

Having lost the championship to Williams Renault and cutting off ties with Honda at the end of the 1992 season, McLaren welcomed the 1993 season with a Ford HB engine and other high tech systems, plus having former CART champion Michael Andretti join the team. The entry car for this year was the MP4/8 – based on the MP4/7 with changes to improve aerodynamics such as having a high nose and bargeboards. However even with the new package the team continued to struggle against Williams Renault, and while ace driver Senna was able to win the second, third and sixth round they struggled for most of the other races. Other than Williams, Benetton also proved to be a strong threat to the team despite also running on Ford engines. M. Andretti failed to make any impressions and was replaced by M. Hakkinen for the last three rounds. Despite all the negative factors, Senna managed to win 5 of the rounds thanks to his driving techniques and the car’s strong aerodynamic abilities. In the end the team managed to win second place for constructors, and Senna himself won second place for drivers as well.


[ キット概要 -Kit Details- ]

■ホワイトメタル、アルミ挽物、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、シルクスクリーン印刷デカール等を使用したマルチ・マテリアル・キット。
■ホイールリムはアルミ挽き物製。
■ゴムタイヤはメーカーロゴ印刷済み。
■ボディカウルは着脱可能で、完成後も内部構造を見ることができます。

- a full detailed,multi-material kit featuring white metal, turned matal parts, etching, rubber tires and decals allowing for maximum representation of the original vehicle.
- aluminum turned parts used for wheel rim.
- Pre-printed sponsor logos featured on tires.
- body cowl can be removed, allowing full view of the detailed interior after completion.




[ バリエーション -Variations- ]

1/43scale Fulldetail Kit : McLaren MP4/8
K779 - Ver.A : 1993 Rd.2 Brazilian GP / Rd.3 European GP #7 M.Andretti / #8 A.Senna

・A.セナが優勝したレインコンディションの1993年シーズン序盤2戦をモデル化しました。この2戦のなかでも、ドニントンで行われた第3戦ヨーロッパGPは、2位以下を1分以上離しての記録的な優勝であり、セナの特筆すべき勝利のひとつとしてレース史に刻まれています。レインタイヤ仕様。
– Based on two early races that A. Senna won in rain conditions. Out of the two races, the European GP at Donnington stands out as one of Senna’s most famous wins, having finished over a minute before the 2nd place winner. Includes rain tires.


1/43scale Fulldetail Kit : McLaren MP4/8
K780 - Ver.B : 1993 Rd.6 Monaco GP #7 M.Andretti / #8 A.Senna

・A.セナがモナコGPにおける6度目の勝利を飾った仕様を再現。スリックタイヤ仕様。
– Based on the version used at Monaco GP where A. Senna won his 6th Monaco victory. Includes slick tires.


1/43scale Fulldetail Kit : McLaren MP4/8
K781 - Ver.C : 1993 Rd.15 Japanese GP / Rd.16 Australian GP #7 M. Häkkinen / #8 A.Senna

・セナが日本と最終戦オーストラリアの2戦を連勝でシーズンを締めくくった仕様をモデル化。バージボードが取り払われ、フロント/リアウイング等が序盤戦とは異なる仕様を再現しました。スリックタイヤ仕様。
– Based on the version used in the last two races where A. Senna managed back to back victories. Does not include bargeboards, and features a completely different front/rear wing setup amongst other changes compared to the earlier build. Includes slick tires.



  • 1/12 McLaren MP4/8
  • 1/12 McLaren MP4/8
  • 1/12 McLaren MP4/8


[ パーツ・リスト -Parts List- ]




[ 2021年4月発売 / April 2021 Released ]


*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)





1/12scale Fulldetail Kit : P2



2021年4月発売予定 April 2021
Price : 70,000yen (+tax)



[ P2について -About the P2- ]

20世紀初頭にイタリアで設立されたアルファロメオ社は創業当初からレース活動を始め、1922年にデビューしたツーリングカー” RL”は多くのレースで勝利を重ね、その名声を高めていきました。その後グランプリカー ”P1”を開発しますが、デビューレースである1923年イタリアグランプリのプラクティス中にドライバーが事故死、グランプリ活動撤退の危機に見舞われます。しかし、後にフェラーリでも活躍する技術者ヴィットリオ・ヤーノを当時最強チームであったフィアットからアルファへ迎え入れます。そのヤーノがアルファで最初に設計したマシン、それが”P2”です。
P2はDOHC 直列8気筒2L スーパーチャージャー付エンジンを搭載したマシンで、1924年クレモナグランプリでデビューウィンを飾ります。P2はその後多くのレースで勝利し、1925年から始まった自動車世界選手権で初代チャンピオンをアルファロメオにもたらす活躍を見せました。

The Italian company Alfa Romeo was founded in the beginning of the 20th century, and have been involved in car racing ever since. With the success of the touring car “RL” which debuted in 1922, the Grand Prix car “P1” was developed for the following year. During the P1's debut race at the Italian Gran Prix, one of the drivers passed away in an accident during the practice run and further Grand Prix activities seemed grim for the team. However, the team would later introduce future-Ferrari designer Vittorio Jano into the team, who was working under the strongest team, Fiat, up until then. Yano's first design for the team would be the P2 – a car equipped with a DOHC straight-8 cylinder 2L supercharged engine. It debuted at the 1924 Cremona Grand Prix where it took its maiden victory, and it would see many victories after, even allowing Alfa Romeo to take the first ever Automobile World Championship in 1925.


[ キット概要 -Kit Details- ]

■P2がデビューした1924年、フランスGPでGiuseppe Campariが勝利した10番車と、同じく24年イタリアGPで優勝したAntonio Ascariの1番車をモデル化しました。
■ホワイトメタル、ウレタン樹脂、金属挽き物、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、デカール、各種コード類を使用したマルチ・マテリアル・キット。
■ホイールリム、ホイールナット、メーターはアルミ挽き物製。
■ホイールのスポークは金属線を組んでいく組み立て式。リアルにワイヤーホイールを再現できます。
■タイヤはホワイトリボン部とブラックゴム部が別成型になっており、簡単に2色構成のタイヤを再現できます。
■フロントボンネットは開閉が可能で、センターカウルとリアカウルトップは取り外しができ、完成後も内部構造を見ることができます。

- based on the P2 during its debut year, where driver Giuseppe Campari won the French GP with car #10, and driver Antonio Ascari won the Italian GP in car #1.
- a full detailed, multi-material kit featuring white metal, resin, etching, turned parts rubber tires, silk screen decals and various cords allowing for maximum representation of the original vehicle.
- aluminum turned parts used for wheel rim, wheel nut and meter.
- wire wheel built from a combination of aluminum turned wheel rim and stainless spokes allowing for realistic representation.
- white ribbon section and black rubber section of the tires have been cast separately allowing for tire to be presented in both colours.
- front bonnet can be opened and closed, and both center cowl and the top of the rear cowl can be removed, allowing full view of the detailed interior after completion.




[ パーツ・リスト -Parts List- ]




●K778 - 1/12scale Fulldetail Kit : P2
 1924 Italian GP #1 Antonio Ascari / French GP #10 Giuseppe Campari

[ 2021年4月発売 / April 2021 released ]


*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)





1/43scale Multi-Material Kit : F187 / F187/88C



2021年3月発売予定 March 2021
Price : 16,000yen (+tax)



[ F187 / F187/88Cについて -About the F187 / F187/88C- ]
1980年以来の優勝無しとなってしまった1986年シーズンから巻き返しを図るべく、フェラーリF1チームは新設計のマシンで87年シーズンを迎えました。 基本設計をグスタフ・ブルナーが手掛け、彼がチームを去った後、新加入したジョン・バーナードが引き継ぎ改良を施したマシン、それがF187です。 F187は90度 V6 ツインターボを搭載し、ギヤボックスも従来の横置きから縦置き型にスイッチ、前年型より低くコンパクトでシャープなボディ形状を持ったマシンでした。
そして迎えた1987年シーズン、F187は新開発エンジンの信頼性の低さからリタイヤを繰り返しましたが、シーズン後半から徐々に成績が上向きになり、10年振りに日本で開催された第15戦日本GPにおいてこの年新加入のG.ベルガーがポール・トゥ・ウィンで初代鈴鹿F1王者となりました。続く最終戦オーストラリアでもF187は1-2フィニッシュを飾り、2連勝でシーズンを締めくくりました。
1989年よりノンターボにレギュレーションが変更されることを踏まえ、フェラーリは1988年シーズンをF187の改良型で戦う選択をしました。この88年型マシンがF187/88Cです。88年のグランプリはMP4/4とホンダエンジン、A.セナ&A.プロストというパッケージでマクラーレンが席巻し、F187/88Cは苦戦を強いられます。さらにこの年の8月、フェラーリの創設者でありチームの精神的支柱であったエンツォ・フェラーリが亡くなるという不幸も重なりました。そんな中、9月に開催されたチームの地元・イタリアGPにおいて、トップを走っていたマクラーレンのセナが周回遅れと接触しリタイア、ベルガーとアルボレートが1-2フィニッシュを果たし、エンツォへの弔いの勝利を飾り、また、マクラーレンのシーズン16戦完全勝利を阻む唯一の勝利として、人々の記憶に残るレースとなりました。

Having a victory drought for most of the 1980s, the Ferrari team settled for a new design for the 1987 season. The main design was done by Gustav Brunner, with newcomer John Barnard taking over after Brunner's departure from the team. The result was the F187 - featuring a lower cockpit and sharper body than the car from the previous year, and equipped with a 90°V6 twin turbo engine mounted longitudinally.
While the F187 retired from many races due to reliability issues with a new engine, it saw better performances late in the season. Newcomer G. Berger was able to win first place at Suzuka GP, being the first driver to ever win at Suzuka Circuit for F1 (it was the first Japanese Grand Prix since 1977, and the first to ever be held at Suzuka Circuit). In the final Australian GP, the team was able to grasp a one-two finish, scoring two consecutive wins before the end of the season.
As turbocharged engines were banned from 1989 and on, the team decided to enter the F187 for the year of 1988 with some modifications done to fit the regulations for that year. The new car, F187/88C, while strong, was not enough to compete against McLaren`s MP4/4 - equipped with the Honda engine and driven by star drivers A. Senna and A. Prost. To add to matters, the manufacturer founder Enzo Ferrari passed away in August 1988, leaving a team in a negative state. Despite the misfortunes, Berger and teammate M. Alboreto managed a one-two finish in the hometown of the team in September`s Italian GP, having Senna forced to retire after a collision. It was a victory well remembered, marking an emotional victory for the team after Enzo Ferrari`s passing, and being the only race McLaren did not win in the entire season of 1988.


[ キット概要 -Kit Details- ]

■ホワイトメタル、アルミ挽物、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、シルクスクリーン印刷デカール等を使用したマルチ・マテリアル・キット。
■ホイールリムはアルミ挽き物製。
■ゴムタイヤはメーカーロゴ印刷済み。
■ボディカウルは着脱可能で、完成後も内部構造を見ることができます。

- a full detailed,multi-material kit featuring white metal, turned matal parts, etching, rubber tires and decals allowing for maximum representation of the original vehicle.
- aluminum turned parts used for wheel rim.
- Pre-printed sponsor logos featured on tires.
- body cowl can be removed, allowing full view of the detailed interior after completion.



[ バリエーション -Variations- ]

●K774 - Ver.A : 1987 Rd.15 Japanese GP #27 Michele Alboreto / #28 Gerhard Berger
・1987年型F187をキット化。
・鈴鹿サーキットにおいて初めて開催されたF1グランプリにおいて、G.ベルガーがポール・トゥ・ウィンを飾った仕様を再現。
– 1987 built of F187.
– based on the version that saw G. Berger become the first ever Suzuki GP F1 winner after a pole to win victory.
12 F187 F187-88C verA

●K775 - Ver.B : 1987 Rd.4 Monaco GP #27 Michele Alboreto / #28 Gerhard Berger
・1987年型F187。M.アルボレートが3位表彰台を獲得したレース。
・87年前半戦仕様の特徴である低いターボダクトを再現。
– 1987 built of F187, based on the version where M. Alboreto took 3rd place at the Monaco GP.
– features a low turbo duct found in earlier builds in the beginning of the season.
12 F187 F187-88C verB

●K776 - Ver.C : 1988 Rd.12 Italian GP #27 Michele Alboreto / #28 Gerhard Berger
・1988年型F187/88Cをモデル化。
・マクラーレンのシーズン完全勝利を阻み、また直前に亡くなったエンツォ・フェラーリへの弔いともなった、地元・イタリアでの”奇跡の”勝利を飾ったイタリアGP仕様を再現しました。
・大型のターボダクトや、エンジン細部、リアウイング等、F187とは異なる88年仕様をパーツ化しました。
– 1988 built of F187/88C
– based on the version that raced at the Italian GP, where Ferrari`s victory came as an emotional moment after founder Enzo Ferrari`s death, and also marked McLaren`s only loss the whole season.
12 F187 F187-88C verC

●K777 - Ver.D : 1988 Rd.8 British GP #27 Michele Alboreto / #28 Gerhard Berger
・1988年型F187/88C。G.ベルガーがポールポジションを獲得した第8戦イギリスGP仕様を再現。
・レインタイヤ仕様。
– 1988 built of F187/88C, based on the version where G. Berger took pole position at the British GP.
– features rain tires
12 F187 F187-88C verD


43 F187 F187-88C 43 F187 F187-88C 43 F187 F187-88C


[ 2021年3月発売 / March 2021 released ]


*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)





1/12scale Fulldetail Kit : Tipo33 STRADALE



2021年3月発売予定 March 2021
Price : 80,000yen (+tax)



[ キット概要 -Kit Details- ]

■ホワイトメタル、ウレタン樹脂、金属挽き物、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、デカール、各種コード類を使用したマルチ・マテリアル・キット。
■ホイールリム、エンジンファンネルはアルミ挽き物製。マフラー端部はステンレス製。
■フロント・リアウィンドウ、フロントライトリムはアルミカット済パーツを使用。
■フロントカウルとリアカウル、ドアは開閉可能で完成後も内部構造を見ることができます。
■MFH初の試みとして、センターボディはウレタン成型パーツにルーフトップとピラー部分のメタルパーツをインサート済みとし、従来のウレタンのみの成型に比べて強度のあるパーツになっています。

- a full detailed, multi-material kit featuring white metal, resin, etching, metal turned parts, rubber tires, decals and various cords allowing for maximum representation of the original vehicle.
- aluminum turned parts used for wheel rim and engine fannel.
- The front and rear windows and front light rims are pre-cut aluminum parts.
- front cowl, rear cowl and doors can be opened allowing for full view of the detailed interior after completion.
- The center body is a urethane molded part with metal inserts for the roof top and pillar parts.





[ パーツ・リスト -Parts List- ]




●K773 - 1/12scale Fulldetail Kit : Tipo33 STRADALE

[ 2021年3月発売 / March 2021 released ]


*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)





ページトップへ