1/12scale Fulldetail Kit : 312B3 [1974]



2021年1月発売予定 January 2021
Price : 67,000yen (+tax)



[ 312B3 [1974]について -About the 312B3 [1974]- ]

1966年から69年にかけて60度V12エンジン搭載の312F1でグランプリを戦ってきたフェラーリチームは、低迷したチーム状況を打開すべく、マウロ・フォルギエリら技術陣の手による新型エンジンを開発します。新しいエンジンは水平対向12気筒(正確には180度V12)となり、サイズや重量面、重心といった面で60度エンジンからの性能向上が図られました。このエンジンを初めて搭載して1970年に登場したマシンは312Bと名付けられ、その後このエンジンを搭載したマシンは71年には改良型として312B2となり、73年には312B3としてグランプリを戦いました。
改良を加えられていった312Bシリーズでしたが、初年度の312B以降は苦戦を強いられることが多く、フェラーリチームは改革を迫られることになります。そして迎えた1974年シーズン、フェラーリはチーム体制とドライバーを一新、ルカ・ディ・モンテゼーモロがチームマネージャーに就き、ドライバーはクレイ・レガツォーニと若きニキ・ラウダという新コンビでグランプリを戦うことになります。
マシンも改良が加えられ、モノコックとカウル、インダクションポッドが大幅に見直され、空力面と重量配分での改善を図りました。この1974年型312B3によりフェラーリチームは息を吹き返し、コンストラクターズで2位、ドライバーズでもマクラーレンのエマーソン・フィッティパルディに次いでレガツォーニが2位に入る活躍を見せるのでした。中でも、ハラマ・サーキットで行われたスペインGPでは、若きラウダがF1初優勝を遂げ、またフェラーリに2年ぶりの勝利をもたらした記念すべきレースとなりました。
この74年型312B3は、その後の312TシリーズによるフェラーリF1栄光の時代の幕開けを告げる礎となったのでした。

Have shared little success with the 312F1 between the years of 1966 to 1969, a new engine was developed under the direction of Mauro Forghieri. The new engine was a flat-12 engine, featuring a completely different weight, size and center of gravity with hopes of better performance than the old 60 degree V12 used by the 312F1. The first car to run under this engine would be the 312B in 1970, and the engine would see further use in the successor cars - the 312B2 in 1971, and the 312B3 in 1973.
Despite various upgrades since the original 312B, the team did poorly after the successes of the original 312B. In order to change the flow, the team appointed Luca di Montezemolo as the new team manager, and had Clay Regazzoni and Niki Lauda as their driver lineup for the season of 1974.
The 312B3 was also upgraded for the 1974 season, with a revised monocoque, cowl and induction pod to improve the aerodynamics and weight distribution of the car. It managed to perform strongly, winning 2nd in constructors and even allowed Regazzoni take 2nd place in drivers (losing out to Emerson Fiddipaldi of the McLaren team). Among its many successes was taking Lauda to victory at the Spanish GP, marking his maiden victory and ending a two year victory drought for the Ferrari team.
The 1974 version of the 312B3 set the foundations for the 312T series that would bring Ferrari to its golden age in F1.


[ キット概要 -Kit Details- ]

・1974年型312B3の中でも、N.ラウダが初優勝した第4戦スペインGPと、第5戦ベルギーGPの仕様をモデル化しました。
・主要パーツにウレタン・ホワイトメタル・アルミ挽き物・エッチングパーツ・シルクスクリーン印刷デカール、各種コード類を使用したマルチマテリアル・フルディティールキット。
・ノーズやカウルは取り外しが可能で、完成後も内部構造を観賞出来ます。
・エンジンファンネル、マフラーエンド、ホイール、ホイールナット/シャフトはアルミ挽きもの製で質感高く再現。ゴムタイヤはメーカーロゴ印刷済み。

- based on the versions of 312B3 that raced at Rd.4 Spanish GP and Rd.5 Belgian GP in 1974, with Spanish GP marking N.Lauda's maiden victory in F1.
- a full detailed, multi-material kit featuring white metal and resin parts, aluminum turned parts, etching, rubber tires, silk screen printed decals and various cords allowing for maximum representation of the original vehicle.
- nose and cowl can be removed post building to reveal detailed interior of car.
- aluminum turned parts used for engine funnel, muffler end, wheel rim, wheel nut and wheel shaft. Pre-printed sponsor logos featured on tires.




●K769 - 1/12scale Fulldetail Kit : 312B3 [1974]
1974 Rd.4 Spanish GP / Rd.5 Belgian GP
#11 C.Regazzoni / #12 N.Lauda

[ 2021年1月発売 / January 2021 released ]


*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)













1/43scale Multi-Material Kit : 126C2



2021年1月発売予定 January 2021
Price : 15,000yen (+tax)



[ キット概要 -Kit Details- ]

■1981年にフェラーリF1として初めて導入したV6ターボエンジン(Tipo021)を継続使用し、グラウンド・エフェクト・カーとして空力的により進化した姿で82年シーズンに登場したマシン、それが126C2です。
この1982年グランプリを彩った様々なドラマを演出する重要なファクターとなった126C2を、1/43スケールキットとしてモデル化しました。
■ホワイトメタル、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、シルクスクリーン印刷デカール等を使用したマルチ・マテリアル・キット。
■ボディカウルは着脱可能で、完成後も内部構造を見ることができます。

- The first V6 Turbo engine (Tipo021) was being used in Ferrari F1 team in 1981, then the ground effect car 126C2 was debuted in 1982 with improved aerodynamic design.
The machine which performed brilliant plays throughout the 1982 season, will be the next MFH full detail kit in 1/43 scale!
- a full detailed, multi-material kit featuring white metal, etching, rubber tires and decals allowing for maximum representation of the original vehicle.
- body cowl can be removed, allowing full view of the detailed interior after completion.


[ バリエーション -Variations- ]

●K765 - Ver.A : 1982 Rd.2 Brazilian GP #27 Gilles Villeneuve
 ・フロントウイングレスで、フロントブレーキダクトが大型タイプの1982年ブラジルGP仕様をモデル化。
 ・This version is based on the 1982 Brazilian GP specification, which without front wing and bigger front brake duct.



●K766 - Ver.B : 1982 Rd.3 U.S. West GP #27 Gilles Villeneuve / #28 Didier Pironi
 ・前後にずらした二枚のリアウイングを装着したロングビーチでの仕様を再現。
 ・This version is based on the 1982 U.S. West GP specification, with two separated pieces rear wing.



●K767 - Ver.C : 1982 Rd.4 San Marino GP #27 Gilles Villeneuve / #28 Didier Pironi
 ・1-2フィニッシュを飾った1982年サンマリノGP仕様をモデル化。フロントブレーキダクトは小型タイプ。
 ・This version is based on the 1982 San Marino GP which performed 1-2 finish by both Ferrari drivers. The size front brake duct is reduced.



●K768 - Ver.D : 1982 Rd.5 Belgian GP Qualify #27 Gilles Villeneuve
 ・ヴィルヌーヴ生涯最後のレースとなるゾルダーでの予選仕様を立体化。
  フロントブレーキダクトは小型タイプ、ラジエーターの形状が異なり、フロントウイングを装着。
 ・ゾルダーでのみ、フロント15inch・リア15inchのホイールとそれに対応したタイヤを装着した仕様を再現。
 ・This version is based on 1982 Belgian GP qualifying race, which the last race of Villeneuve.
  With small front brake duct, different radiator shape, and with front wing installed.
 ・This version will be equipped with 15-inch type front and rear wheels only.




[ パーツ・リスト -Parts List- ]




[ 2021年1月発売 / January 2021 released ]


*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)








1/43scale Multi-Material Kit : TYPE35



2020年12月発売予定 December 2020
Price : 14,000yen (+tax)

[ TYPE35について -About the TYPE35- ]

TYPE35は、イタリア生まれのエットーレ・ブガッティが1909年に当時のフランス領アルザス地方で創業した自動車メーカー、ブガッティからエットーレ自ら設計し世に送り出された傑作グランプリカーです。
TYPE35はSOHC直列8気筒エンジンを搭載、当時としては画期的なブレーキドラムと一体で鋳造されたアルミホイール、独自の構造であるリーフスプリングのサスペンションといった、エットーレの独創性から生み出された多くの革新的メカニズムが盛り込まれていました。 1924年に登場したTYPE35は、瞬く間に数多くのレースで勝利を重ねていき、無類の強さを発揮しました。その中でも特筆すべき勝利は、1929年にモナコ・モンテカルロで初めて開催されたモナコ・グランプリにおいての勝利で、次の年の第2回モナコGPでも1-2フィニッシュで優勝を飾ります。また、イタリアで行われた公道レース、タルガ・フローリオにおいても1925年から29年まで5年連続優勝という快挙を成し遂げました。
そして1928年のタルガ・フローリオにおいてTYPE35の58番車をドライブしたエリシュカ・ユンコヴァー、別名エリザベス・ジュネックは、レース史上偉大な女性ドライバーの一人であり、名だたる男性プロドライバーを相手にいくつものレースで優勝を飾り、”ステアリングホイールの女王”とヨーロッパ中で称えられました。この1929年のタルガ・フローリオにおいてもルイ・シロン、ルイジ・ファジオーリ、タツィオ・ヌヴォラーリといった名ドライバー達と互角に戦い、一時はトップを出走するなど、大きな活躍を見せました。 21世紀に入りブガッティからリリースされた歴代のドライバーの名を冠したスーパーカーの名に、”Divo”や”Chiron”と共に、”Elizabeth Junek”エディションも加えられており、そこに彼女の偉大な足跡の一端を見ることができます。

The Type35 was a race car designed by Ettore Bugatti, founder of the Bugatti brand that started business as an automobile maker in 1909 in the Alsace region (now France). It ran on an overhead cam straight-eight engine. Along with a unique brake drum, aluminum wheels casted as a single piece, and unique leaf spring used for the suspensions, the Type 35 packed various new and innovative designs as thought up by Ettore himself.
First appearing in 1924, the Type 35 performed strongly in various situations, allowing it to take many victories during its time. In 1929 it managed to win first place in the first ever Monaco GP that took place in Monte Carlo. It continued to perform strongly in the following year and managed a one-two finish in the second Monaco GP. It also managed to win Targa Florio for five years straight between the years of 1925 to 1929.
Within the participants of the 1928 Targa Florio was one of the greatest female drivers, Eliška Junková (also known as Elizabeth Junek), the driver for the #58 Type 35. Nicknamed “Queen of the Steering Wheel”, she was known to have competed and bested the greatest male drivers of her time. While she did not win the 1928 Targo Florio, she managed to compete evenly against famous drivers such as Louis Chiron, Luigi Fagioli and Tazio Nuvolari. She was also in the lead partway during the race.
In the past few years Bugatti has released various new supercars with model names such as “Divo” and “Chiron”, based off famous Bugatti drivers. Among such models is an “Elizabeth Junek” edition, paying respect to her successes in the motorsport world.



[ キット概要 -Kit Details- ]

■ホワイトメタル、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、シルク印刷デカール等を使用したマルチ・マテリアル・キット。
■フロントボンネットは着脱可能で、完成後も内部構造を見ることができます。
- a full detailed, multi-material kit featuring white metal, etching, rubber tires and decals allowing for maximum representation of the original vehicle.
- front bonnet can be removed, allowing full view of the detailed interior after completion.



[ バリエーション -Variations- ]

1/43 T35 verA
●K763 - Ver.A :
1929 Monaco GP Winner #12 William Grover-Williams
1930 Monaco GP Winner #22 René Dreyfus
1930 Monaco GP 2nd #18 Louis Chiron


・1929年、史上初めて行われた第1回モナコ・グランプリ優勝の#12 William Grover-Williams、そして1930年第2回モナコGPで優勝した#22 René Dreyfusと2位に入ったモナコ出身の#18 Louis Chiron、その3バージョンのTYPE35から選択できます。#12はスペアタイヤ・ラックを装備、#22はコクピットサイドのトノカバーを搭載するといった特徴も再現しました。
- three variations buildable including the first ever winner of the Monaco Grand Prix in 1929 #12 as driven by William Grover-Williams, the first place winner of the 1930 Monaco Grand Prix #22 driven by René Dreyfus and the second place winner of the same race #18 driven by Louis Chiron. Parts for the tire rack used by car #12 and tonneau cover used on the side cockpit for car #22 are also included.



1/43 T35 verB
●K764 - Ver.B :
1928 Targa Florio Winner #56 Albert Divo
1928 Targa Florio 5th #58 Eliška Junková “Elisabeth Junek”


・1928年のタルガ・フローリオ優勝の#56 アルバート・ディーヴォ、そして5位に入った#58 エリザベス・ジュネック、その2つの仕様から選択できます。公道レースであるタルガ・フローリオ仕様として、タイヤラックが左右に設置され、そこに2つのスペアタイヤを装備した仕様を再現しています。
– based on two cars that ran during the 1928 Targo Florio race: 1st place car #56 driven by Albert Divo, and 5th place car #58 driven by Elizabeth Junek. Comes with spare tire and spare tire rack on both sides as per open road rules.



[ 2020年12月発売 / December 2020 released ]


*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)







1/12scale Fulldetail Kit : 155V6TI [DTM1993]



2020年12月発売予定 December 2020
Price : 78,000yen (+tax)



[155V6TI [DTM1993]について -About the 155V6TI [DTM1993]- ]

DELTAを擁してラリーを戦ってきたランチアは1991年でワークス活動を停止、ランチアの親会社であるフィアットは、次なるレース活動の場をツーリングカーレースに定めることになります。フィアットはランチアと同じく傘下会社であったアルファロメオ、その市販車”155”をプロモートすべく、155ベースのレースマシン”155GTA”で1992年イタリアツーリングカー選手権に参戦、チャンピオンを獲得します。
そして翌1993年に、当時ヨーロッパ最高峰のツーリングカーレース・ドイツツーリングカー選手権(DTM)に参戦すべく、投入されたマシンが”155V6TI”です。
155V6TIは、155GTAでのテストをフィードバックして開発されたマシンではありましたが、ほとんど流用されたパーツは無く、ほぼ新設計のマシンとなりました。構造的には多くのボディパーツをカーボン製とし、新開発の自然吸気2.5L・60度V6エンジンを搭載したフルタイム4WDマシンでした。
1993年DTMには4台の155V6TIが投入され、そのうちワークスチームであるアルファ・コルセからはN.ラリーニとA.ナニーニがドライブする2台がエントリーし、ラリーニが10勝、ナニーニが2勝を挙げる活躍を見せ、ラリーニがドライバーズ・チャンピオンに輝きました。

With the Lancia team and their Delta withdrawing from rally activities in 1991, Fiat (Lancia's parent company) had decided to focus on touring car racing instead. Using the street car “155” from another umbrella company, Alfa Romeo, as a base, they upgraded it to racing specs “155GTA” and entered it into the 1992 Italian Superturismo Championship where it would take championship.
In the following year of 1993, the team entered the “155V6TI” to join the then popular German Touring Car Championship (DTM). While the 155V6TI was developed using test feedback data from the 155GTA, very few of the parts from the 155GTA were reused, making the 155V6TI almost a brand new machine of its own. It was a full time 4WD car running on a 2.5L 60 degrees V6 engine and many of its body parts are carbon based.
Four 155V6TI's were entered into DTM in 1993, with two cars entered by Alfa Corse driven by works drivers Nicola Larini and Alessandro Nannini. Larini won 10 races, and Nannini won 2, allowing for Larini to take drivers champion for the season.


[ キット概要 -Kit Details- ]

・1993年DTM参戦のワークスチームであるアルファ・コルセの2台、#8 N.Larini車、#7 A.Nannini車 を1/12スケールでモデル化しました。
・主要パーツにウレタン・ホワイトメタル・アルミ挽き物・エッチングパーツ・シルクスクリーン印刷デカール等を使用したマルチマテリアル・フルディティールキット。
・前後ドアドアは開閉可能、フロントボンネットとリアボンネットは取り外しが可能で、完成後も内部構造を観賞出来ます。
・ホイール、ホイールナット/シャフトはアルミ挽きもの製で質感高く再現。ホイールはブラックアルマイトカラー仕上げ。ゴムタイヤはメーカーロゴ印刷済み。
・ LariniとNannini 2人のドライバーで異なるステアリングホイールやシフトレバーもパーツ化しました。

- a 1/12 scale model based on the two Alfa Corse entries for the 1993 DTM: Car #8 driven by N.Larini and car #7 driven by A.Nannini.
- a full detailed, multi-material kit featuring white metal, resin, etching parts, turned parts and silk screen decals allowing for maximum representation of the original vehicle.
- front and rear doors open, and front/rear bonnets can be removed, allowing for full view of detailed interior after completion.
- aluminum turned parts used for wheel, wheel nut and wheel shaft. Wheels pre-anodized in black. Tires feature pre-printed logos.
- Differences in steering wheel and shift stick designs between the two drivers have been faithfully created and both set of parts are included with kit.




●K762 - 1/12scale Fulldetail Kit : 155V6TI [DTM1993]


[ 2020年12月発売 / December 2020 released ]


*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)











1/12scale Fulldetail Kit : McLaren F1 GTR ['95 LM Winner]



2020年11月発売予定 November 2020
Price : 78,000yen (+tax)



[ キット概要 -Kit Details- ]

・マクラーレンのF1デザイナー、ゴードン・マーレイがデザインした究極のロードカー、マクラーレンF1を元に開発されたレース仕様マシンがF1 GTRです。F1 GTRは1995年のLM24時間総合優勝、BPRシリーズ2年連続チャンピオンなど数々のレースを席巻し、輝かしい戦績を残しました。その多くのレースで活躍したF1 GTRの中でも、特筆すべき勝利である95年LM優勝、国際開発UKレーシングの59番車を1/12スケールでモデル化しました。
・主要パーツにウレタン・ホワイトメタル・アルミ挽き物・エッチングパーツ・シルクスクリーン印刷デカール等を使用したマルチマテリアル・フルディティールキット。
・バタフライドア、リアウィンドウは開閉可能。フロントカウル・サイドパネル・リアパネルは脱着が可能で、完成後も内部が観賞出来ます。
・ホイール、ホイールナット/シャフトはアルミ挽きもの製で質感高く再現。ホイールとナットはアルマイトカラー仕上げ。ゴムタイヤはメーカーロゴ印刷済み。

- The McLaren F1 was designed by McLaren F1 designer Gordon Murray to be the ultimate sports car, which was later upgraded to a racing version that would be known as the F1 GTR. The F1 GTR had a glorious history of winning the 24-hour LeMans in 1995, and also took the championship for 2 consecutive years for the BPR series. Of the many F1 GTRs that saw success we have chosen the winner of the 95 LeMans race – car number 59 used by Kokusai Kaihatsu UK Racing Team, as the next 1/12 scale model.
- A full detailed, multi-material kit featuring white metal, resin, etching, turned parts and silk screen decals allowing for maximum representation of the original vehicle.
- butterfly door and rear window can be open and closed, and front cowl, side panels and rear panel can be removed allowing for full view of the detailed interior after completion.
- aluminum turned parts used for wheel, wheel nut and wheel shaft. Wheel and wheel nuts pre-anodized with colour. Pre-printed sponsor logos featured on tires.




●K756 - 1/12scale Fulldetail Kit : McLaren F1 GTR ['95 LM Winner]


[ 2020年11月発売 / November 2020 released ]


*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)







1/9scale Fulldetail Kit : 750 Super Sport [1974]



2020年11月発売予定 November 2020
Price : Price : 50,000yen (+tax)



[ キット概要 -Kit Details- ]

■1972年に初開催されたイモラ200マイルレースにおいて優勝を飾ったDucati初の750ccLツインレーサー、"750 Imola Racer 1972"。その勝利を記念してこのマシンを基に1974年に市販車として登場したのが"750 Super Sport"です。この"750 Super Sport"を1/9スケールでモデル化しました。
■ホワイトメタル、ウレタン樹脂、金属挽き物、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、デカール、各種コード類を使用したマルチ・マテリアル・キット。
■ホイールリム、フロントサス、エンジンファンネル、ヘッドライトリムはアルミ挽き物製。タンクはFRPカラーの半透明レジン、シートやグリップ、タイヤはゴム製で質感高く再現されています。
■チェーンはエッチングとメタルパーツを使用した組み立て可動式。
■ホイールは、メタルリムにステンレススポーク、ニップルを組み合わせる構成でリアルに再現。

- A 1/9 scale model kit based on the 750 Super Sport - the Ducati road bike inspired by the 750 Imola Racer 1972, Ducati's first 750cc L-twin racer and winner of the Imola 200 in 1972.
- a full detailed, multi-material kit featuring white metal, resin, etching, metal turned parts, rubber tires, decals and various cords allowing for maximum representation of the original vehicle.
- aluminum turned parts used for wheel rim, front suspension, engine funnels and head-light rim. Semi-transparent FRP coloured resin used for tank, and seat, grip and tires made of rubber for a realistic look. - moveable bike chain built from a combination of etching and metal parts.
- spokes made from stainless pipe, paired together with metal rim and nipples for a realistic representation





●K757 - 1/9scale Fulldetail Kit : 750 Super Sport [1974]


[ 2020年11月発売 / November 2020 released ]


*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)







1/12scale Fulldetail Kit : 936/77



2020年10月発売予定 October 2020
Price : ¥75,000- (+ tax)



[ 936/77について -About the 936/77- ]

1970年のルマン制覇を始めとし、欧州と北米でのスポーツカーレースでその強さを誇った917シリーズは、レギュレーションの変更により1973年でワークスのレース活動を終えます。
そして1976年、グループ5”シルエットフォーミュラ”による世界メーカー選手権と並行して開催されることになった3.0リッターグループ6マシンによる世界スポーツカー選手権、このシリーズに参戦するため急遽開発されたマシンが936です。
936は、908/3や917/30といった70年代前半に活躍したマシンの流れを汲む、軽量なアルミのスペースフレーム・シャシーと空力性能に長けたFRP製ボディが採用されています。エンジンは、911ターボRSRに採用されたものを改良した2.1リッター水平対向 6 気筒ツインターボエンジンを搭載。これまでワークス開発チームが培ってきた速さと信頼性を併せ持つマシンとしてサーキットに登場しました。そして936はその実力を遺憾なく発揮し、1976年の世界スポーツカー選手権タイトルを獲得、またこの年のルマンも制しました。
翌77年、ワークスの936はスポーツカー選手権から撤退しましたが、ルマンでは6 台ものマシンを投入したライバルのルノー勢を抑えて勝利し、2連覇を果たしました。
936はその後、1982年にグループCカーである956へワークス活動が引き継がれるまで活躍し、特にルマンでは78年と80年に2位を獲得、81年には三度目の総合優勝を果たすことになります。

After conquering Le Mans in 1970, and continuing to dominate the sportscar scene in both Europe and North America, the works team put the 917 to rest due to regulation changes in 1973. In 1976, Group 6 was reclassified to contest for the World Championship for Sports cars, while Group 5 contested for the World Championship for Makes series. .To enter the World Championship for Sports Cars series the works team developed the 936.
Carrying over previous designs from the successful 908/3 and 917/30, the 936 featured a light aluminum space frame chassis and an aerodynamically reliable FRP-based body. The engine was a 2.1 liter flat-6 twin turbo, an upgrade of what was used by the 911 Turbo RSR. The speed and reliability nurtured from the previous designs was combined by the team into this new vehicle, and it showed its strength clearly on the road, winning both the World Sportscar title and the Le Mans on its year of debut in 1976.
In the following year of 1977, the works team retired from the World Championship for Sports Car series but continued to participate in Le Mans. The rivaling Renault team was unable to stop them despite entering 6 cars, and the works team was able to claim a back to back victory at Le Mans.
The 936 managed several other accomplishments for the team in the following years, including 2nd place at Le Mans in 1978 and 1980, and a third 1st place victory in 1981. It continued to race until it was replaced by the Group C car, the 956.



[ キット概要 -Kit Details- ]

■1976年から1981年にかけて活躍した936の中で、1977年にルマンを制した4番車 ( J.Barth / H.Haywood / J.Ickx )をモデル化しました。
■ホワイトメタル、ウレタン樹脂、金属挽き物、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、デカール、各種コード類を使用したマルチ・マテリアル・キット。
■ホイール、ヘッドライトリム、ホイールシャフト/ナットはアルミ挽き物製。
■フロント/リアカウルは着脱可能、ドアも開閉可能で完成後も内部構造を見ることができます。
■ゴム製タイヤはメーカーロゴ印刷済み。

- based on the 936 car #4 driven by J.Barth/H.Haywood/J.Ickx, the winning car at 1977 Le Mans.
- a full detailed, multi-material kit featuring white metal, resin, etching, metal turned parts, rubber tires, silk-screen decals and various cords allowing for maximum representation of the original vehicle.
- aluminum turned parts used for wheels, headlight rim, wheel shaft and lock nut.
- front and rear cowl removable, and doors open and close allowing for full view of the detailed interior after completion.
- pre-printed sponsor logos featured on tires.




●K755 - 1/12scale Fulldetail Kit : 936/77
1977 LM winner #4 J.Barth / H.Haywood / J.Ickx

[ 2020年10月発売 / October 2020 released ]


*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)












1/12scale Fulldetail Kit : Tyrrell 006



2020年9月発売予定 September 2020
価格 : ¥68,000- (+tax)



[ Tyrrell 006について -About the Tyrrell 006- ]

1950年代にレーシングドライバーとして活動していたケン・ティレルは引退後レーシングチームを設立、1968年にはフランスのマトラと組みF1チーム監督としてのキャリアをスタートさせました。1969年にジャッキー・スチュワートのドライブでタイトルを獲得、最初の成功を収めます。1970年にはマトラと袂を分かち、自らの名を冠した独立コンストラクターとしてのF1チームを立ち上げます。デザイナーはデレック・ガードナー、エンジンはフォードDFV、ドライバーはJ.スチュワートとフランソワ・セベールという組み合わせでグランプリを戦い、71年にはティレル3番目のF1マシン、003でチャンピオンを獲得します。しかし翌72年はロータスのエマーソン・フィッティパルディに敗れ、スチュワートはシーズン2位で終えます。
そして雪辱を果たすべく迎えた1973年、ティレルは前年終盤に試験的に使われたニューマシン、006を本格投入します。006は、DFV、大型インダクションポッド、アルミモノコックにスポーツカーノーズといった初期ティレルF1マシンの特徴を熟成させたマシンでした。006でスチュワートは5勝を挙げドライバーズチャンピオンを獲得、セベールも6度の2位に入る活躍を見せました。この73年のスチュワートの勝利は、ティレルが獲得した最後のチャンピオンとなり、この年限りでスチュワートは引退、セベールはアメリカGPの予選で事故死し、1970年から始まった初期ティレルチーム、そのひとつの時代の区切りを迎えることになりました。

After retiring from racing in late 1950s, Ken Tyrrell started up his own racing team, and in 1968 his team would work together with French auto manufacturer Matra to enter F1. Working as the team principal, the team managed their first win during the 1969 season with their driver Jackie Stewart taking the drivers title. In 1970 Tyrrell would split ways with Matra and work as their own team. With designer Derek Gardner, the DFV engine from Ford, and drivers J.Stewart and François Cévert, the team was able to take another victory in 1971 with their third car, the 003. However in the following season Stewart lost out to Emerson Fittipaldi from the Lotus team and finished the season in second place only.
In 1973, Tyrell would enter their new machine, the 006, which they tested during the final rounds of the previous season. The 006 was equipped with a DFV engine, large induction pods, aluminum monocoque and a sports car nose like its previous iterations, but would take each element to its maximum potential. Stewart took Drivers Championship with 5 wins during the season, and Cévert also managed to take 2nd place 6 times. However, Stewart's driver championship for this season became the last championship won by the team, and with Stewart retiring from racing and Cévert having passed away during the qualifier run for the U.S. GP, 1973 marked the end of an era for the Tyrrell team.



[ キット概要 -Kit Details- ]

■J.スチュワートが優勝した1972年第5戦ベルギー/第6戦モナコGP仕様をモデル化しました。
■ホワイトメタル、ウレタン樹脂、金属挽き物、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、シルクスクリーン印刷デカール、各種コード類を使用したマルチ・マテリアルキット。
■ホイールリム、エンジンファンネル、ホイールシャフト/ナットはアルミ挽き物製。レフトサイドのナットはレッドアルマイト仕上げ。
■DFVエンジンは、内部のカムやクランクが可動状態で組み立てることができます。
■フロントノーズ/リアカウルは着脱可能で、完成後も内部構造を見ることができます。
■ゴム製タイヤはメーカーロゴ印刷済み。

- based on the earlier version of the 006 that raced during Rd.5 Belgian GP and Rd.6 Monaco GP, both of which J.Stewart took first place.
- a full detailed, multi-material kit featuring white metal, resin, etching, metal turned parts, rubber tires, silk-screen decals and various cords allowing for maximum representation of the original vehicle.
- aluminum turned parts used for wheel rim, engine funnels, wheel shaft and lock nut. Two lock nuts have red aluminite finish for use on left side of the car.
- DFV engine designed with moveable cam and crankshaft parts after completion
- front nose and rear cowl removable, allowing for full view of the detailed interior after completion.
- pre-printed sponsor logos featured on tires.




●K751 - 1/12scale Fulldetail Kit : Tyrrell 006
 1973 Rd.5 Belgian GP / Rd.6 Monaco GP
 #5 J.Stewart / #6 F.Cévert

[ 2020年9月発売 / September 2020 released ]


*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)






1/43scale Multi-Material Kit : 156/85



2020年9月末発売予定 September 2020
価格 : ¥14,000-(+ tax)

[ 156/85について -About the 156/85- ]

126C4で1984年F1シーズンのタイトルを逃したワークスチームは翌年、その後継マシンとして156/85を投入しました。ハーベイ・ポスルスウェイトの手によるそのマシンは、前年までのV6ターボの改良型エンジンを搭載し、車体は新規に設計されたものとなりました。156/85という名は、126系からの脱却と革新、そして栄光の復活への想いを込めて名づけられたものでした。156/85はM・アルボレートのドライヴによりカナダとドイツGPで優勝を果たし、ドライバーズ・コンストラクターズ共に2位となり、チャンピオンは逃しましたがチームの復活を印象付ける活躍を見せました。

Having lost the F1 title in the previous season with the 126C4, the works team's entry for the 1985 season was the 156/85. Designed by Mauro Forghier and Harvey Postlethwaite, the 156/85 came equipped with an improved V6 turbo engine and a brand new body. The name 156/85 was to separate it from the previous 126 models, with hopes to revive the team fame under a brand new model name. The 156/85 managed to grasp victory at the Canadian and German GP under the hands of driver M. Alboreto., and while the car only managed to gain second place in both drivers and constructors championship, the 156/85 marked the beginning of the team`s revival in the F1 scene.



[ キット概要 -Kit Details- ]

■ホワイトメタル、金属挽き物、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、シルク印刷デカール等を使用したマルチ・マテリアル・キット。
■1985年前半戦仕様.と、内部・外観に多くの改良が加えられた後半戦仕様、3バージョンをラインナップ。
■リアカウルは着脱可能で、完成後も内部構造を見ることができます。
■弊社刊 "Racing Pictorial Series by HIRO No.22 : Ferrai 156/85, F186 1985-86"も、是非お手元に置いてキット製作の資料としてご利用ください。

- a full detailed, multi-material kit featuring white metal, etching, metal turned parts, rubber tires and decals allowing for maximum representation of the original vehicle.
- 3 variations available: one based on the version used in the beginning of the season, and one based on the latter half of the season with various changes to the interior/exterior design.
- rear cowl can be removed, allowing full view of the detailed interior after completion.
- for more reference on the 156/85, we suggest buying the book Racing Pictorial Series by HIRO No.22 : Ferrai 156/85, F186 1985-86 (sold under MFH) along with this kit.



[ バリエーション -Variations- ]

●K752 - Ver.A : 1985 Rd.5 Canadian GP #27 M.Alboreto / #28 S.Johansson
1/43 156_85 verA
・1985年シーズンの前半戦仕様、その中でもM.アルボレートとS.ヨハンソンが1-2フィニッシュを飾ったカナダGP仕様をモデル化。
- based on the early version used in the 1985 season where M.Alboreto and S. Johansson completed with a 1-2 finish at the Canadian GP.


●K753 - Ver.B :1985 Rd.12 Italian GP #27 M.Alboreto / #28 S.Johansson
1/43 156_85 verB
・1985年シーズン後半戦仕様。サイドボンツーンのカウルとその内部、リアカウル、前後サスペンション等の前半戦仕様と異なる部分を再現しました。また、イタリアGPで試みられたリアウイングとディフューザーもパーツ化しました。
- based on the late version used in the 1985 season where various changes were made to the rear cowl, front/rear suspensions, side pontoons and the interior of the pontoons etc. Different rear wing and diffuser designs used at the Italian GP also included in kit.


●K754 - Ver.C : 1985 Rd.2 Portuguese GP #27 M.Alboreto / #28 S.Johansson
1/43 156_85 verC
・M.アルボレートが2位に入ったポルトガルGP仕様をモデル化。Ver.A/Bとは異なるフロントウイングも再現。レインタイヤ仕様。
-based on the version that raced at the Portuguese GP where M.Alboreto placed 2nd. Includes rain tires and a different front wing designed compared to version A and B.



[ 2020年9月発売 / September 2020 released ]



*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)






1/12scale Fulldetail Kit : C11 LM’91



2020年8月発売予定 August 2020
予定価格 : ¥75,000- (+TAX)



[ C11 LM’91について -About the C11 LM'91- ]

1987年にデビューし、1989年に世界スポーツプロトタイプカー選手権(WSPC)とル・マン24時間を制したC9を擁するメルセデスチームは、同時期にニューマシン、C11を開発していました。C11は、C9で採用したアルミモノコックからカーボン製モノコックにスイッチし、C9と同じくV型8気筒ツインターボを搭載したマシンでしたが、1989年のデビューには間に合わず、サーキットに姿を現したのは1990年からでした。C11は圧倒的な力で90年WSPCのチャンピオンを獲得しましたが、WSPCシリーズから外れたル・マン24時間には参戦せず、この年の勝利はジャガーのものとなりました。
翌1991年には、WSPCシリーズに復帰したル・マン24時間にも参戦、3台がエントリーし、優勝はマツダ787Bでしたが、マツダ、ジャガーに次ぐ5位に入る活躍を見せました。ル・マンではWSPCシリーズとは異なるボディカウルとウイングを装備した専用マシンとしてレースを戦いました。またメルセデスチームは、ドイツ国内で活躍し将来が見込まれる、カール・ヴェンドリンガー、ハインツ=ハラルド・フレンツェン、ミハエル・シューマッハといった若手ドライバーを積極的に採用、この91年ル・マンにも若きヴェンドリンガーとシューマッハがエントリーしていることもC11のトピックのひとつになっています。

While the C9 debuted in 1987 and went on the win the WSPC and Le Mans in 1989, the Mercedes Team started preparing for the next machine - the C11. The C11 was equipped with the same V8 twin turbo that was used by the C9, but instead features a carbon monocoque as opposed to an aluminum one used by its predecessor. The C11 was originally planned to debut in 1989, but it was not ready to make an appearance until 1990. While it showed overwhelming performance after its debut in 1990 and took the championship for WSPC that season, the team did not join Le Mans that year (as it was not part of the WSPC that season) and the victory of that race went to Jaguar instead.
With Le Mans returning to the WSPC calendar in 1991, three C11 entries entered the race, featuring a slightly different body cowl and wing than the rest of the WSPC series. While Mazda's 787B won the race, one of the C11 entries managed to grab 5th place behind Mazda and Jaguar. A hot topic of Le Mans that year was being able to see young German aces such as Karl Wendlinger and Michael Schumacher at Le Mans at the wheel of the C11, as Mercedes had called in future aces such as Wendlinger, Schumacher and Heinz-Harald Frentzen into the team.


[ キット概要 -Kit Detail- ]

■1991年ル・マン参戦車のうち、5位に入った31番車 ( K.Wendlinger / M.Schumacher / F.kreutzpointner )と、1番車 ( J.L.Schlesser / J.Mass / A.Ferté )をモデル化しました。
■ホワイトメタル、ウレタン樹脂、金属挽き物、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、デカール、各種コード類を使用したマルチ・マテリアル・キット。
■ホイール、ヘッドライトライトリムはアルミ挽き物製。ホイールはブラックアルマイト仕上げ。
■フロント/リアカウルは着脱可能、ドアも開閉可能で完成後も内部構造を見ることができます。
■ゴム製タイヤはメーカーロゴ印刷済み。

– based on the 1991 Le Mans entrants: car number 31 ( K.Wendlinger / M.Schumacher / F.Kreutzpointner ) that won 5th place, and car number 1 ( J.L.Schlesser / J.Mass / A.Ferté )
– a full detailed, multi-material kit featuring white metal, resin, etching, metal turned parts, rubber tires, decals and various cords allowing for maximum representation of the original vehicle.
– aluminum turned parts used for wheels and headlight rims. Wheels plated in black aluminite for a realistic finish.
– front and rear cowl removable, and doors can be opened allowing for full view of the detailed interior after completion.
– pre-printed sponsor logos featured on tires.




●K748 - 1/12scale Fulldetail Kit : C11 LM’91
 1991 LM
 #31 K.Wendlinger / M.Schumacher / F.Kreutzpointner
 #1 J.L.Schlesser / J.Mass / A.Ferté

[ 2020年8月発売 / August 2020 released ]



*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)







ページトップへ