1/12scale Fulldetail Kit : HONDA RA300



2022年6月発売予定 June 2022
Price : \TBA- (+tax)

[ キット概要 -Kit Details- ]

■1967年グランプリの前半戦をRA273で戦ったホンダは、インディ用ローラT90のパーツとHONDA RA273Eエンジンとの組み合わせで67年8月になってようやくRA300を完成させ、参戦一戦目イタリアGPで劇的な優勝を果たしました。1965年メキシコGP以来の第一期ホンダF1の2勝目、さらに最終ラップでのブラバムとのデッドヒートの末の劇的な勝利.. この日本モーターレーシング史においても記念すべき1967年イタリアGPでのRA300をモデル化しました。また、1967年 Rd.10 U.S. GP仕様にもできます。

■ホワイトメタル、ウレタン樹脂、金属挽き物、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、デカール、各種コード類を使用したマルチ・マテリアル・キット。

■ホイールリム、エンジンファンネルの各パーツは金属挽き物製で質感高く再現できます。

■ノーズ、トップカウルは取り外しができ、完成後も内部構造を見ることができます。

■本キット製作の参考資料として、下記2冊の書籍が好評発売中です。
 ・PHOTOGRAPH COLLECTION Vol.3 "HONDA RA300 in Detail"
 ・Racing Pictorial Series by HIRO No.28 : Grand Prix 1967 PART-01


– Honda used RA273 to race the first half of the 1967 F1 Grand Prix.. RA300 is built with Lola T90 and Honda RA273E Engine, and finished at August 1967. It won the champion in Italy GP dramatically. – Rd.9 Italian GP is the 2nd victory for the Honda since the 1965 Mexican GP. They fought with Brabham until the last lap and won dramatically. This full-detail kit is based on the winning car of the Italian GP with options for the U.S. GP in 1967 racing season.

- a full detailed, multi-material kit featuring white metal, resin, etching, turned parts, rubber tires, silk screen decals and various cords allowing for maximum representation of the original vehicle.

- aluminum turned parts used for wheel rim and engine funnel.

- nose and top cowl can be removed, allowing full view of the detailed interior after completion.

- Two books are now on sale as reference materials for making this kit.
 ・PHOTOGRAPH COLLECTION Vol.3 "HONDA RA300 in Detail"
 ・Racing Pictorial Series by HIRO No.28 : Grand Prix 1967 PART-01





●K815 - 1/12scale Fulldetail Kit : HONDA RA300
 1967 Rd.9 Italian GP winner #14 John Surtees / Rd.10 U.S. GP #3 John Surtees



[ 2022年6月発売 / June 2022 released ]


*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)





1/9scale Fulldetail Kit : BSA Blue Star 350 [1933]



2022年4月発売予定 April 2022
Price : \60,000- (+tax)



[ キット概要 -Kit Details- ]

■アルミ挽き物、エッチング、デカール、ホワイトメタル、ゴム等をふんだんに使用したマルチマテリアルキット。
■チェーンはエッチングとメタルパーツを使用した組み立て可動式。
■ホイールは、メタルリムに加工済みステンレススポーク、ステンレスパイプを組み合わせる構成でリアルに再現。

- a full detailed, multi-material kit featuring white metal, etching, metal turned parts, rubber tires, and decals allowing for maximum representation of the original vehicle.
- moveable bike chain built from a combination of etching and metal parts.
- a combination of stainless spokes, stainless pipes and metal rim used for wheels for a realistic representation.





[ パーツ・リスト -Parts List- ]

  • 1/9 BSA
  • 1/9 BSA
  • 1/9 BSA


●K814 - 1/9scale Fulldetail Kit : BSA Blue Star 350 [1933]


[ 2022年4月発売 / April 2022 released ]

*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)





1/43scale Multi-Material Kit : Delta S4



2022年4月発売予定 April 2022
Price : \19,000- (+tax)



[ Delta S4について -About the Delta S4- ]

グループBレギュレーションのWRCをミッドシップMRマシンである037で戦っていたランチアチームは、プジョーやアウディといった4WD勢に対し劣勢を強いられ、新マシンの開発を急ぎます。 1985年シーズン最終戦にようやく姿を現したニューマシン"Delta S4"は、スーパーチャージャー+ターボチャージャーという二つの過給機を持つ1,759cc直列4気筒DOHCエンジンを搭載したミッドシップ・フルタイム4WDカーでした。
Delta S4は1985年最終戦RACラリーにおいて、H.トイボネンとM.アレンが1-2フィニッシュを飾り、衝撃的なデビューを果たします。
そして迎えた1986年シーズン、S4を擁したランチアチームは開幕戦モンテカルロでトイボネンが優勝という最高のスタートを切ります。
しかし1886年5月2日、第5戦ツール・ド・コルスSS18において、トップを走っていたトイボネンはコースアウトし崖から転落、マシンは炎上、コ・ドライバーのS.クレストと共に帰らぬ人となってしまいます。
この事故を契機に、強力なパワーを持つグループBマシンは危険であるとの理由で1986年シーズンをもってグループBによるWRCは終了し、1987年からはグループAのラリーマシンでWRCが行われることとなったのです。

In the late years of Group B competition, the Lancia team decided it was time to replace the Rally 037 for a more powerful machine in light of Peugeot and Audi's success with their 4WD. The result was the Delta S4 - an all wheel drive featuring a 1759cc four cylinder midship-mounted engine, designed with a unique combination of supercharging and turbocharging that allowed for a reduction of turbo lag at low RPM.
The S4 debuted in the final 1985 WRC race at RAC Rally, which carried drivers Henri Toivoven and Markku Alén to a one-two finish. At the first WRC race of 1986 at Monte Carlo Rally Toivenen was able to take first, marking an excellent start to the 1986 season. However on May 2nd, 1986 at Tour de Course, Toivonen's S4 went off the road and flew down a ravine on stage 18. The aluminum fuel tank was ruptured by the trees during the fall and caused an explosion, marking the death of both Toivonen and his co-pilot Sergio Cresto. The incident was yet another example of the dangers of Group B, resulting in all Group B cars to be banned from competition by the FIA, and marked 1986 as the final year of Group B.



[ キット概要 -Kit Details- ]

■ホワイトメタル、エッチング、アルミ挽き物、シルク印刷デカール、ゴム等を使用したマルチマテリアルキット。
■フロントカウル、リアカウル、ボンネットが別パーツになっているので完成後も取り外し可能。
■タイヤはロゴ印刷済み。
– a full detailed, multi-material kit featuring white metal, etching, metal turned parts, vacuum parts, rubber tires, silk screen decals allowing for maximum representation of the original vehicle.
– front cowl, rear cowl and bonnet designed as separate parts allowing them to be removable to show full view of the detailed interior after completion.
– tire pre-printed with logo.

  • 1/43 S4
  • 1/43 S4
  • 1/43 S4



[ バリエーション -Variations- ]

1/43 S4 verA
K812 - Ver.A : 1986 WRC Rd.1 Rally Monte Carlo #7 Toivonen/Cresto

・1986年開幕レース、トイボネンが優勝を飾ったモンテカルロ仕様をモデル化。
・Ver.Bとは異なる形状のリアウイングを再現。 
・スリックタイヤと低い車高のサスペンションを持つターマック仕様。
・ナイトレース用のライトポッドが付属。
- based on the first race of 1986 at Monte Carlo where Toivoven finished first.
- features slick tarmac tires with a lower suspension.
- unique rear wing slightly different than one from Ver. B.


1/43 S4 verB
K813 - Ver.B : 1986 WRC Rd.5 Tour de Corse #4 Toivonen/Cresto

・トイボネン最後のレースとなったツールドコルスの仕様をモデル化しました。
・Ver.Aとは異なる形状のリアウイング、ホイールベーン、マフラー部分を再現。
・スリックタイヤと低い車高のサスペンションを持つターマック仕様。
- based on Toivoven's final race in 1986 at Tour de Course.
- features slick tarmac tires with a lower suspension.
- unique rear wing, metal wheel vane parts and muffler slightly different than ones from Ver. A. included.



[ パーツ・リスト -Parts List- ]




[ 2022年4月発売 / April 2022 released ]

*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)







1/12scale Fulldetail Kit : 8C 2900B [ Mille Miglia 1938 ]



2022年3月発売予定 March 2022
Price : \85,000- (+tax)



[ 8C 2900B Mille Miglia について -About the 8C 2900B Mille Miglia- ]

20世紀初頭にイタリアで設立されたアルファロメオ社は創業当初からレース活動を始め、1922年にデビューしたツーリングカー” RL”は多くのレースで勝利を重ね、その名声を高めていきました。1923年に、後にフェラーリでも活躍する技術者ヴィットリオ・ヤーノを当時最強チームであったフィアットからアルファへ迎え入れ、彼が設計した”P2”により、さらなる成功を収めます。
その後ヤーノは新しい直列8気筒エンジンを開発、そのエンジンは"8 cylinders"から"8C"と名付けられました。8Cは世界初のシングルシーター・グランプリカー、"P3(Tipo B)"に搭載、1932年から1935年にかけてアルファワークスであるアルファコルセ、次いでスクーデリア・フェラーリの2チームで使用され、無類の強さを発揮します。またル・マンでもこの8Cエンジンを搭載した"8C 2300"が1931年から4年連続優勝を飾る活躍を見せます。
この8Cエンジンは1936年からボアxストロークが拡大された"8C 2900"としてアップデートされます。このエンジンを搭載したレーシングマシン、それが"8C 2900B"です。
いくつかあった8C 2900Bのバリエーションの中で、1938年のミッレミリアを制した"8C 2900B Mille Miglia"をモデル化しました。8C 2900B MMは、1938年のミッレミリアにおいて1-2フィニッシュを飾る活躍を見せ、戦前のアルファロメオ栄光の時代を語る上で欠かせないマシンのひとつと言えるでしょう。

The Italian company Alfa Romeo was founded in the beginning of the 20th century, and have been involved in car racing ever since. The touring car "RL" which debuted in 1922 showed many successes, and the "P2", designed by future-Ferrari designer Vittorio Jano, furthered those successes even more.
Yano would go on to develop a new straight-8 cylinder engine, with the name "8C" taken from the number of cylinders. The 8C was first featured into the world's first single-seater Grand Prix car – the "P3 (Tipo B)", which showed many successes under the hands of both the Alfa Corse team and Scuderia Ferrari team between 1932 to 1935. The 8C engine was also used in Le Mans entry "8C 2300" which won four years straight beginning in 1931.
The 8C was upgrades into the "8C 2900" in 1936, now featuring an increased bore/stroke, and was equipped on the "8C 2900B". Of the many successes and variations of the 8C 2900B is the "8C 2900B Mille Miglia" which raced at the 1938 Mille Miglia and managed a 1-2 finish. As one of the cars of the Golden Era of Alfa Romeo, we have decided to choose this car as the topic of our next kit.


[ キット概要 -Kit Details- ]

■1938年のミッレミリアで優勝した#143番車と、2位に入った#142番車、他に#141/#148番車をモデル化しました。
■ホワイトメタル、ウレタン樹脂、金属挽き物、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、デカール、各種コード類を使用したマルチ・マテリアル・キット。
■ライトリム・ホイールリム・ホイールシャフト・ナットの各パーツは金属挽き物製で質感高く再現できます。
■ホイールのスポークは金属線を組んでいく組み立て式。リアルにワイヤーホイールを再現できます。
■フロントボンネット・ドアは開閉が可能で、リアボンネットも取り外しができ、完成後も内部構造を見ることができます。

- based on the 1938 Mille Miglia winner Car# 143, and runner up Car #142. Car #141 and #148 also constructable from this kit.
- a full detailed, multi-material kit featuring white metal, resin, etching, turned parts, rubber tires, silk screen decals and various cords allowing for maximum representation of the original vehicle.
- aluminum turned parts used for light rim, wheel rim, wheel shaft, and lock nut
- wire wheel built from a combination of aluminum turned wheel rim and stainless spokes allowing for realistic representation.
- front bonnet and door can be opened and closed, and rear bonnet can be removed, allowing full view of the detailed interior after completion.





[ パーツ・リスト -Parts List- ]

  • 1/12 8C
  • 1/12 8C
  • 1/12 8C

  • 1/12 8C
  • 1/12 8C
  • 1/12 8C



●K811 - 1/12scale Fulldetail Kit : 8C 2900B [ Mille Miglia 1938 ]
 1938 Mille Miglia :
 Winner #143 C.Biondetti / A.Stefani
 2nd #142 C.Pintacuda / P.Mambelli
 #141 G.Farina / S.Meazza
 #148 E.Siena / E.Villoresi


[ 2022年3月発売 / March 2022 released ]


*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)






1/43scale Multi-Material Kit : McLaren MP4/5



2022年2月発売予定 February 2022
Price : \16,000- (+tax)



[ キット概要 -Kit Details- ]

■ホワイトメタル、レジンパーツ、エッチングパーツ、シルク印刷デカール、バキュームパーツ、アルミ挽き物パーツ等を使用したマルチマテリアルキットです。
■ボディカウルは脱着が可能で、完成後も内部構造を見ることができます。
■前後サスペンションアームパーツは、ロストワックス製法による、ホワイトメタルよりも高強度の真鍮製。

- a full detailed, multi-material kit featuring white metal, resin, photo etching, silk screen decals, vacuum parts, turned metal parts etc.
- body cowl can be removed, allowing full view of the detailed interior after completion.
- front and rear suspension arms cast in brass using lost-wax casting, strengthening the durability of suspension arms compared to white metal.





[ バリエーション -Variations- ]

●K808 - Ver.A :
 1989 Rd.9 German GP / Rd.12 Italian GP
 #1 Ayrton Senna / #2 Alain Prost

 ・A.セナが優勝したドイツGPと、A.プロストが優勝したイタリアGPの仕様をモデル化しました。リアウイングは高速サーキット仕様。
 - Based on the version that raced at the German GP where A.Senna claimed first place, and Italian GP where A.Prost claimed first place. Features rear wing with high speed setup.


●K809 - Ver.B :
 1989 Rd.13 Portuguese GP / Rd.15 Japanese GP
 #1 Ayrton Senna / #2 Alain Prost

 ・A.プロストが2位に入ったポルトガルGPと、ドライバーズタイトル争いの山場となった日本GP仕様をキット化しました。リアウイングはVer.A/Cとも異なるフラップの構成を再現。
- Based on the version that raced at the Portuguese GP where A.Prost took second place, and the controversial Japanese GP where both drivers collided into one another during their battle for the Driver Championship title. Features rear wing without extra flaps as seen in Ver.A/C


●K810 - Ver.C :
 1989 Rd.14 Spanish GP
 #1 Ayrton Senna / #2 Alain Prost

 ・A.セナが優勝し、A.プロストが3位に入ったスペインGP仕様をモデル化。中低速サーキットであるヘレス・サーキットに対応したフラップの多いリアウイング仕様。
 - Based on the version that raced at the Spanish GP, where A.Senna took first place and A.Prost finished 3rd. Features rear wing with extra flaps to match the circuit's low-mid speed design.






[ パーツ・リスト -Parts List- ]

  • 1/43 MP4/5
  • 1/43 MP4/5


[ 2022年2月発売 / February 2022 Released ]


*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)





1/20scale Fulldetail Kit : TYPE35



2022年2月発売予定 February 2022
Price : 30,000yen (+tax)



[ TYPE35について -About the TYPE35- ]

TYPE35は、イタリア生まれのエットーレ・ブガッティが1909年に当時のフランス領アルザス地方で創業した自動車メーカー、ブガッティからエットーレ自ら設計し世に送り出された傑作グランプリカーです。
TYPE35はSOHC直列8気筒エンジンを搭載、当時としては画期的なブレーキドラムと一体で鋳造されたアルミホイール、独自の構造であるリーフスプリングのサスペンションといった、エットーレの独創性から生み出された多くの革新的メカニズムが盛り込まれていました。 1924年に登場したTYPE35は、瞬く間に数多くのレースで勝利を重ねていき、無類の強さを発揮しました。その中でも特筆すべき勝利は、1929年にモナコ・モンテカルロで初めて開催されたモナコ・グランプリにおいての勝利で、次の年の第2回モナコGPでも1-2フィニッシュで優勝を飾ります。また、イタリアで行われた公道レース、タルガ・フローリオにおいても1925年から29年まで5年連続優勝という快挙を成し遂げました。


The Type35 was a race car designed by Ettore Bugatti, founder of the Bugatti brand that started business as an automobile maker in 1909 in the Alsace region (now France). It ran on an overhead cam straight-eight engine. Along with a unique brake drum, aluminum wheels casted as a single piece, and unique leaf spring used for the suspensions, the Type 35 packed various new and innovative designs as thought up by Ettore himself.
First appearing in 1924, the Type 35 performed strongly in various situations, allowing it to take many victories during its time. In 1929 it managed to win first place in the first ever Monaco GP that took place in Monte Carlo. It continued to perform strongly in the following year and managed a one-two finish in the second Monaco GP. It also managed to win Targa Florio for five years straight between the years of 1925 to 1929.



[ キット概要 -Kit Details- ]

■1930年第2回モナコGPで優勝した#22 René Dreyfusと2位に入ったモナコ出身の#18 Louis Chiron、その2バージョンのTYPE35から選択できます。#22はコクピットサイドのトノカバーを搭載するといった特徴も再現しました。
■ホワイトメタル、レジン、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、シルク印刷デカール等を使用したマルチ・マテリアル・キット。
■フロントボンネットは開閉可能で、完成後も内部構造を見ることができます。
- two variations buildable including the first place winner of the 1930 Monaco Grand Prix #22 driven by René Dreyfus and the second place winner of the same race #18 driven by Louis Chiron.Tonneau cover used on the side cockpit for car #22 are also included.
- a full detailed, multi-material kit featuring white metal, resin, etching, rubber tires and decals allowing for maximum representation of the original vehicle.
- front bonnet can be opened, allowing full view of the detailed interior after completion.



[ パーツ・リスト -Parts List- ]

  • 1/20 TYPE35
  • 1/20 TYPE35
  • 1/20 TYPE35


●K760 - 1/20scale Fulldetail Kit : TYPE35
 1930 Monaco GP Winner #22 René Dreyfus
 1930 Monaco GP 2nd #18 Louis Chiron


[ 2022年2月発売 / February 2022 released ]


*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)







1/24scale Fulldetail Kit : C11 LM’91



2022年2月発売予定 February 2022
Price : \30,000- (+tax)



[ C11 LM’91について -About the C11 LM'91- ]

1987年にデビューし、1989年に世界スポーツプロトタイプカー選手権(WSPC)とル・マン24時間を制したC9を擁するメルセデスチームは、同時期にニューマシン、C11を開発していました。C11は、C9で採用したアルミモノコックからカーボン製モノコックにスイッチし、C9と同じくV型8気筒ツインターボを搭載したマシンでしたが、1989年のデビューには間に合わず、サーキットに姿を現したのは1990年からでした。C11は圧倒的な力で90年WSPCのチャンピオンを獲得しましたが、WSPCシリーズから外れたル・マン24時間には参戦せず、この年の勝利はジャガーのものとなりました。
翌1991年には、WSPCシリーズに復帰したル・マン24時間にも参戦、3台がエントリーし、優勝はマツダ787Bでしたが、マツダ、ジャガーに次ぐ5位に入る活躍を見せました。ル・マンではWSPCシリーズとは異なるボディカウルとウイングを装備した専用マシンとしてレースを戦いました。またメルセデスチームは、ドイツ国内で活躍し将来が見込まれる、カール・ヴェンドリンガー、ハインツ=ハラルド・フレンツェン、ミハエル・シューマッハといった若手ドライバーを積極的に採用、この91年ル・マンにも若きヴェンドリンガーとシューマッハがエントリーしていることもC11のトピックのひとつになっています。

While the C9 debuted in 1987 and went on the win the WSPC and Le Mans in 1989, the Mercedes Team started preparing for the next machine - the C11. The C11 was equipped with the same V8 twin turbo that was used by the C9, but instead features a carbon monocoque as opposed to an aluminum one used by its predecessor. The C11 was originally planned to debut in 1989, but it was not ready to make an appearance until 1990. While it showed overwhelming performance after its debut in 1990 and took the championship for WSPC that season, the team did not join Le Mans that year (as it was not part of the WSPC that season) and the victory of that race went to Jaguar instead.
With Le Mans returning to the WSPC calendar in 1991, three C11 entries entered the race, featuring a slightly different body cowl and wing than the rest of the WSPC series. While Mazda's 787B won the race, one of the C11 entries managed to grab 5th place behind Mazda and Jaguar. A hot topic of Le Mans that year was being able to see young German aces such as Karl Wendlinger and Michael Schumacher at Le Mans at the wheel of the C11, as Mercedes had called in future aces such as Wendlinger, Schumacher and Heinz-Harald Frentzen into the team.


[ キット概要 -Kit Detail- ]

■1991年ル・マン参戦車のうち、5位に入った31番車 ( K.Wendlinger / M.Schumacher / F.kreutzpointner )と、1番車 ( J.L.Schlesser / J.Mass / A.Ferté )及び32番車(J.Palmer/S.Dickens/K.Thiim)をモデル化しました。
■ホワイトメタル、ウレタン樹脂、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、デカールを使用したマルチ・マテリアル・キット。
■フロント/リアカウルは着脱可能、ドアも開閉可能で完成後も内部構造を見ることができます。
■ゴム製タイヤはメーカーロゴ印刷済み。

– based on the 1991 Le Mans entrants: car number 31 ( K.Wendlinger / M.Schumacher / F.Kreutzpointner ) that won 5th place, and car number 1 ( J.L.Schlesser / J.Mass / A.Ferté ), car number 32 ( J.Palmer/S.Dickens/K.Thiim )
– a full detailed, multi-material kit featuring white metal, resin, etching, rubber tires and decals allowing for maximum representation of the original vehicle.
– front and rear cowl removable, and doors can be opened allowing for full view of the detailed interior after completion.
– pre-printed sponsor logos featured on tires.



[ パーツ・リスト -Parts List- ]




●K758 - 1/24scale Fulldetail Kit : C11 LM’91
 1991 LM
 #31 K.Wendlinger / M.Schumacher / F.Kreutzpointner
 #1 J.L.Schlesser / J.Mass / A.Ferté
 #32 J.Palmer / S.Dickens / K.Thiim


[ 2022年2月発売 / February 2022 released ]


*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)







1/12scale Fulldetail Kit : Williams FW07B



2022年2月発売予定 February 2022
Price : \67,000- (+tax)



[ Williams FW07Bについて -About the Williams FW07B- ]

1942年イギリス生まれのフランク・ウィリアムズは、レーシングドライバーとしてのキャリアを早々に見切りをつけ、1960年代からレーシングチーム活動を開始。紆余曲折を経て、1977年に盟友パトリック・ヘッドと共に”ウィリアムズ・グランプリ・エンジニアリング"をイギリス・ディドコットに設立、本格的なF1コンストラクター活動を開始します。このチーム最初のF1マシン・FW06を経て、ウィリアムズはP.ヘッド設計によるチーム初のウイング・カー、FW07を1979年に登場させます。第9戦イギリスGPではチーム初の優勝を飾り、このシーズンはフェラーリに次ぐコンストラクターズ2位につける躍進を遂げ、ウィリアムズはトップチームの仲間入りを果たします。
そして迎えた1980年シーズン、前半戦は前年型のFW07に近いサイドウイング仕様のマシンで戦いましたが、第5戦ベルギーGPよりサイドウイング無しのサイドポンツーン形状のマシンを投入しました。80年シーズンを戦ったこの改良型マシン、それがFW07Bです。
FW07Bは、ウイング構造を持つサイドポンツーンと高い剛性のアルミモノコック、そして路面に追従する可動式サイドスカートによって強力なダウンフォースを発生させるグラウンド・エフェクト・カーとして設計され、DFVエンジンの軽量・コンパクトさと安定感も相まって高い戦闘力を持ったマシンでした。この年のFW07Bで、A.ジョーンズが5勝、C.ロイテマンが1勝し、チームに初のコンストラクターズタイトルをもたらし、A.ジョーンズも初のドライバーズチャンピオンに輝く活躍を見せたのでした。
ウィリアムズチームは、翌年も改良型FW07Cでコンストラクターズチャンピオンを獲得、その後80年代半ばにはホンダとのタッグでグランプリを席巻、90年代にはルノーとの提携で黄金時代を迎えるのです。1980年のFW07Bは、ウィリアムズが小さなプライベートチームから名門チームへと飛躍する転機となった記念すべきマシンであったと言えるでしょう。

Frank Williams, born in 1942 in England, had a short career in racing before starting a racing team in the 1960s. However, he suffered many ups and downs until 1977 when he and his friend Patrick Head would form a brand new F1 racing team in Didcot, Oxfordshire – Williams Grand Prix Engineering. P. Head would design the team's first F1 machine - the FW06, and follow up designing the team's first wing car - the FW07 in 1979. The FW07 took the team's first victory at Rd.9 England GP. The team would eventually finish second in constructors for the season behind Ferrari, branding themselves as one of the top teams in F1.
In 1980 the team would introduce an upgrade of the FW07 called the FW07B: the new car was equipped with side pontoon with wings attached to the sides (which were no longer featured from the Rd.5 Belgium GP race and onward) and a highly rigid monocoque, along with a flexible side-skirt that follows the flow of the road. The design allowed the car to generate an immense amount of down force, and along with the stable, light and compact DFV engine the car was a force to be reckoned with. A.Jones managed to take 5 victories with the car for the 1980 season while C.Reutemann took 1 victory, giving the team its first constructors championship ever. A.Jones also managed to score his first drivers championship that same year.
The Williams team would continue to see success in the years after – with the FW07C taking the constructors title in the following year, several championships in the late 1980s when the team worked with Honda, and yet more championship titles during their partnership with Renault in the 1990s. The FW07B could be said to be the car that brought the small private team up into the ranks of the top teams of F1.


[ キット概要 -Kit Details- ]

■1980年カナダGPにてA.ジョーンズとC.ロイテマンで1-2フィニッシュを飾り、ジョーンズが初のチャンピオンを決めたレースの仕様をモデル化しました。
■フランスGP以降のサイドポンツーン内のクーラー・ラジエーターの改良とそれに伴うポンツーン開口部の形状変更、およびリアウイング・マウントの変更とリアサス細部の変更、それらの改良を経た後期改良型を再現しました。
■ホワイトメタル、ウレタン樹脂、金属挽き物、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、デカール、各種コード類を使用したマルチ・マテリアル・キット。
■ホイールリム・ホイールシャフト・エンジンファンネル・マフラーエンドの各パーツは金属挽き物製で質感高く再現できます。
■DFVエンジンは、内部のカムやクランクが可動状態で組み立てることができます。
■ボディカウルは脱着が可能で、完成後も内部構造を見ることができます。
■ゴム製タイヤはメーカーロゴ印刷済み。

- based on the Canada GP in 1980 where A.Jones and C.Reutemann managed a one-two finish, and the race that secured Jones' first drivers championship.
- based on the late variation, where the openings of the side pontoon was changed after the France GP to match cooler/radiator updates, and a different rear wing mount and a few rear suspension changes compared to the early build of the car.
- a fully detailed, multi-material kit featuring white metal, resin, etching, metal turned parts, rubber tires, silk screen decals and various cords allowing for maximum representation of the original vehicle.
- aluminum turned parts used for wheel rim, wheel shaft, engine funnel and muffler ends.
- DFV engine designed with movable cam and crankshaft parts after completion.
- body cowl can be removed, allowing full view of the detailed interior after completion.
- pre-printed sponsor logos featured on tires.





[ パーツ・リスト -Parts List- ]



●K807 - 1/12scale Fulldetail Kit : Williams FW07B
 1980 Rd.13 Canadian GP
 Winner #27 Alan Jones / 2nd #28 Carlos Reutemann


[ 2022年2月発売 / February 2022 released ]


*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)





2022年5月再販のお知らせ May 2022 Re-releases [1/43scale kit]



永らく在庫切れでした下記1/43scale Kitを2022年5月に再販します。
数量限定ですのでお早めのご予約をお願い致します。
ご予約はこちら

なお、今回の2022年5月再販に関しましては今までの価格ですが、材料等の価格高騰を踏まえ、次回再販時からは価格を改定させていただきます。ご了承お願いいたします。

A selection of 1/43 scale kit will be reproduced for May 2022.
Only a limited number will be produced for each model so please place a pre-order as soon as possible.
pre-order : here

The price for the resale in May 2022 will be the same as before, but the price will be revised for the next resale in light of the rising prices of materials and other items. Thank you for your understanding.





 ●K601/K602/K603/K604/K605/K606 - 1/43scale Multi-Material Kit : 917K [1970]






 ●K612/K613/K614/K615/K616 - 1/43scale Multi-Material Kit : 917K [1971]






 ●K363/K364/K365/K366 - 1/43scale Multi-Material Kit : 962C






 ●K787/K788/K789 - 1/43scale Multi-Material Kit : 330 P4 [ Spider ]






 ●K791/K792/K793 - 1/43scale Multi-Material Kit : 330 P4 [ Berlinetta ]






2022年5月再販のお知らせ May 2022 Re-releases [1/12scale kit]



永らく在庫切れでした下記1/12scale Kitを2022年5月に再販します。
数量限定ですのでお早めのご予約をお願い致します。
ご予約はこちら

なお、今回の2022年5月再販に関しましては今までの価格ですが、材料等の価格高騰を踏まえ、次回再販時からは価格を改定させていただきます。ご了承お願いいたします。

A selection of 1/12 scale kit will be reproduced for May 2022.
Only a limited number will be produced for each model so please place a pre-order as soon as possible.
pre-order : here

The price for the resale in May 2022 will be the same as before, but the price will be revised for the next resale in light of the rising prices of materials and other items. Thank you for your understanding.





 ●K511/K512/K513 - 1/12scale Fulldetail Kit : 917K [1970]




 ●K609/K610/K611 - 1/12scale Fulldetail Kit : 917K [1971]




 ●K798 - 1/12scale Fulldetail Kit : 256F1
 今回の再販分は予約分で終了しました。
 This re-release has been closed for reservations.





 ●K778 - 1/12scale Fulldetail Kit : P2




 ●K519/K520 - 1/12scale Fulldetail Kit : Tipo 158/159M




 ●K489/K490/K491/K514/K515/K516/K517 - 1/12scale Fulldetail Kit : Rally 037




 ●K518 - 1/12scale Fulldetail Kit : Rally 037 [ Ver.H : Safari Rally ]




 ●K433/K434/K435/K436 - 1/12scale Fulldetail Kit : 126C2




ページトップへ