1/12scale Fulldetail Kit : P2



2021年4月発売予定 April 2021
Price : 70,000yen (+tax)



[ P2について -About the P2- ]

20世紀初頭にイタリアで設立されたアルファロメオ社は創業当初からレース活動を始め、1922年にデビューしたツーリングカー” RL”は多くのレースで勝利を重ね、その名声を高めていきました。その後グランプリカー ”P1”を開発しますが、デビューレースである1923年イタリアグランプリのプラクティス中にドライバーが事故死、グランプリ活動撤退の危機に見舞われます。しかし、後にフェラーリでも活躍する技術者ヴィットリオ・ヤーノを当時最強チームであったフィアットからアルファへ迎え入れます。そのヤーノがアルファで最初に設計したマシン、それが”P2”です。
P2はDOHC 直列8気筒2L スーパーチャージャー付エンジンを搭載したマシンで、1924年クレモナグランプリでデビューウィンを飾ります。P2はその後多くのレースで勝利し、1925年から始まった自動車世界選手権で初代チャンピオンをアルファロメオにもたらす活躍を見せました。

The Italian company Alfa Romeo was founded in the beginning of the 20th century, and have been involved in car racing ever since. With the success of the touring car “RL” which debuted in 1922, the Grand Prix car “P1” was developed for the following year. During the P1's debut race at the Italian Gran Prix, one of the drivers passed away in an accident during the practice run and further Grand Prix activities seemed grim for the team. However, the team would later introduce future-Ferrari designer Vittorio Jano into the team, who was working under the strongest team, Fiat, up until then. Yano's first design for the team would be the P2 – a car equipped with a DOHC straight-8 cylinder 2L supercharged engine. It debuted at the 1924 Cremona Grand Prix where it took its maiden victory, and it would see many victories after, even allowing Alfa Romeo to take the first ever Automobile World Championship in 1925.


[ キット概要 -Kit Details- ]

■P2がデビューした1924年、フランスGPでGiuseppe Campariが勝利した10番車と、同じく24年イタリアGPで優勝したAntonio Ascariの1番車をモデル化しました。
■ホワイトメタル、ウレタン樹脂、金属挽き物、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、デカール、各種コード類を使用したマルチ・マテリアル・キット。
■ホイールリム、ホイールナット、メーターはアルミ挽き物製。
■ホイールのスポークは金属線を組んでいく組み立て式。リアルにワイヤーホイールを再現できます。
■タイヤはホワイトリボン部とブラックゴム部が別成型になっており、簡単に2色構成のタイヤを再現できます。
■フロントボンネットは開閉が可能で、センターカウルとリアカウルトップは取り外しができ、完成後も内部構造を見ることができます。

- based on the P2 during its debut year, where driver Giuseppe Campari won the French GP with car #10, and driver Antonio Ascari won the Italian GP in car #1.
- a full detailed, multi-material kit featuring white metal, resin, etching, turned parts rubber tires, silk screen decals and various cords allowing for maximum representation of the original vehicle.
- aluminum turned parts used for wheel rim, wheel nut and meter.
- wire wheel built from a combination of aluminum turned wheel rim and stainless spokes allowing for realistic representation.
- white ribbon section and black rubber section of the tires have been cast separately allowing for tire to be presented in both colours.
- front bonnet can be opened and closed, and both center cowl and the top of the rear cowl can be removed, allowing full view of the detailed interior after completion.




[ パーツ・リスト -Parts List- ]




●K778 - 1/12scale Fulldetail Kit : P2
 1924 Italian GP #1 Antonio Ascari / French GP #10 Giuseppe Campari

[ 2021年4月発売 / April 2021 released ]


*(現在企画中ですので、発売時期・価格・仕様・構成が変更になる場合があります。 / CG画像はイメージです。必ずしもキット内容と合致するとは限りません。)
*(Product is currently still in design phase: release date/price/instructions for construction/build may be altered for official release. / Images based off CG captures may not accurately reflect that of the final product.)





ページトップへ