1/20scale Hybrid Injection kit : 312T4 [1979 Monaco GP]



[ 312T4 について -About the 312T4- ]

■1978年、サーキットに登場するや空力的優位性で各グランプリを席巻しチャンピオンを獲得したLOTUS79に対し、フェラーリのチーフエンジニア、マウロ・フォルギエリは自チームのマシンにもグランドエフェクトを採用したマシンが必要だと痛感しました。
迎えた1979年、水平対向12気筒エンジンを搭載するフェラーリにグランドエフェクトは不向きだという周囲の声を覆すごとく、フォルギエリは水平対向12気筒搭載、フェラーリ初のグランドエフェクトカー、312T4を誕生させました。
312T4は南アフリカGPでデビューし、決勝でジル・ヴィルヌーヴ、ジョディ・シェクターが1位-2位に入り、1954年メルセデスW196のファンジオ-クリンク以来のデビューマシンでの1-2フィニッシュを飾る快挙を成し遂げたのでした。このシーズン、ヴィルヌーヴとシェクターが3勝ずつ計6勝を挙げ、フェラーリがコンストラクターズの、シェクターがドライバーズのチャンピオンを獲得したのでした。その後フェラーリがダブルタイトルを勝ち取るのは2000年(M.シューマッハ)まで21年の歳月を費やすことになり、この79年312T4の活躍はフェラーリにとって歴史に残る重要なものになったのでした。

- In 1978, to compete with the Lotus 79 with the advantage of the aerodynamics, the chief engineer of Ferrari thought that the team urged to have a new formula car with ground effect design.
However, in the year of 1979, the ground effect with Ferrari were not getting very well with the flat12 engine. At that time, Mauro Forghieri introduced the 312T4, with flat12 engine installed, as the first ground effect design from Ferrari.
The 312T4 debuted at the South African GP, Gilles Villeneuve won the GP and Jody Scheckter followed him with a 2nd position finish. This is the first time that a debuting car achieved 1-2 finish since Fangio/kling and drove the Mercedes W196 at 1954. The two drivers won 3 champions each with 312T4, in total 6 champions, the Ferrari Team won the constructor championship, and Jody Scheckter won the Driver Championship.
After 21 years, in the year 2000, the Ferrari Team won both constructor and driver championships again with Michael Schumacher, therefore the 312T4 1979 is one of the most important thing in the Ferrari history.



[ キット概要 -Kit Details- ]

■MFH新機軸キットの登場です。ホワイトメタル・エッチング・金属挽き物等これまで弊社が培ってきたマルチ・マテリアルに、新たにプラスチック・パーツをその構成に加えた”Hybrid Injection Kit”を開発いたしました。
■312T、312T2と共に1970年代フェラーリの黄金時代を象徴するマシンである312T4を、新開発のHybrid Injection Kitとしてフルディテールモデル化しました。
■シェクターが勝利を飾り、リアウイング等の形状に特長あるモナコGP仕様を立体化。
■ボディカウル他外装パーツはプラインジェクションパーツ、エンジンをはじめとした主要パーツはホワイトメタル製。
■モノコックは実車の素材感をリアルに再現できるアルミ製ダイキャストパーツ。塗装を施さなくても磨くことで金属感を楽しめます。
■ファンネル・エキゾーストエンド・ホイールはアルミ挽き物製。ホイールリムのセーフティーボルトも挽き物ホイールにメタルパーツを挿す構造でリアルに再現。
■ファンネル用金属メッシュ、マフラー留めスプリング、各種コード・パイプ類、シートベルト等も各種素材パーツで付属。
■ボディカウル、サイドポンツーンは脱着式で、フェラーリ水平対向12気筒エンジンをはじめとした内部構造を見ることができます。さらにボディカウルはマグネットを使用することにより簡単に取り外しができます。
■グランドエフェクトカーのメカニカルな特徴のひとつであるサイドスカートはエッチングによる可動式。
■ウインドシールドは淡い透明ブルーカラー素材によるバキュームパーツ。
*(画像のドライバーフィギュアはキットに含まれていません。オプション品です。)


- Another MFH mainstream kit is coming. The new kit containing white metal, photo etching sheets, and other metal parts, and for the first time with the new plastic injection parts, forming the new "Hybrid Injection Kit".
- This kit will have parts for 1979 Monaco GP.
- The body cowl and other outer parts will be made of plastic, the main parts inside will be made of white metal.
- Monocoque parts is made of die-casting aluminium. Just brush it and you can have the feel of real metal.
- Funnels, exhaust end, and the wheels are made of aluminium alloy. The wheel rim and safety bolt are made of white metal, to be attached to the wheel, to provide the reality to the kit.
- The metal mesh for the funnels, the muffler spring, cords, pipes, seat belts, etc. will be included in the kit.
- The body cowl and the side pontoon are all removable, so that the internal parts such as the Ferrari flat12 engine can be seen. The body cowl is attached to the chassis by magnet so it can be removed easily.
- The side skirts, which is the key parts for the ground effect car, is movable by using photo etching parts.
- The wind shield is the vacuum parts and will be in transparent blue color.
*(Driver Figures are not included in the kit.)


●IK002 - 1/20scale Hybrid Injection Kit : 312T4 [1979 Monaco GP]


[ 2023年11月価格改定 ]

1/20scale Hybrid Injection kit : 312T4 [1979 Monaco GP]

価格:

19,800円 (本体 18,000円、税 1,800円)

購入数: pcs

在庫

×

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ページトップへ