1/12scale Fulldetail Kit : 8C 2900B [ Mille Miglia 1938 ]



[ 8C 2900B Mille Miglia について -About the 8C 2900B Mille Miglia- ]

20世紀初頭にイタリアで設立されたアルファロメオ社は創業当初からレース活動を始め、1922年にデビューしたツーリングカー” RL”は多くのレースで勝利を重ね、その名声を高めていきました。1923年に、後にフェラーリでも活躍する技術者ヴィットリオ・ヤーノを当時最強チームであったフィアットからアルファへ迎え入れ、彼が設計した”P2”により、さらなる成功を収めます。
その後ヤーノは新しい直列8気筒エンジンを開発、そのエンジンは"8 cylinders"から"8C"と名付けられました。8Cは世界初のシングルシーター・グランプリカー、"P3(Tipo B)"に搭載、1932年から1935年にかけてアルファワークスであるアルファコルセ、次いでスクーデリア・フェラーリの2チームで使用され、無類の強さを発揮します。またル・マンでもこの8Cエンジンを搭載した"8C 2300"が1931年から4年連続優勝を飾る活躍を見せます。
この8Cエンジンは1936年からボアxストロークが拡大された"8C 2900"としてアップデートされます。このエンジンを搭載したレーシングマシン、それが"8C 2900B"です。
いくつかあった8C 2900Bのバリエーションの中で、1938年のミッレミリアを制した"8C 2900B Mille Miglia"をモデル化しました。8C 2900B MMは、1938年のミッレミリアにおいて1-2フィニッシュを飾る活躍を見せ、戦前のアルファロメオ栄光の時代を語る上で欠かせないマシンのひとつと言えるでしょう。

The Italian company Alfa Romeo was founded in the beginning of the 20th century, and have been involved in car racing ever since. The touring car "RL" which debuted in 1922 showed many successes, and the "P2", designed by future-Ferrari designer Vittorio Jano, furthered those successes even more.
Yano would go on to develop a new straight-8 cylinder engine, with the name "8C" taken from the number of cylinders. The 8C was first featured into the world's first single-seater Grand Prix car – the "P3 (Tipo B)", which showed many successes under the hands of both the Alfa Corse team and Scuderia Ferrari team between 1932 to 1935. The 8C engine was also used in Le Mans entry "8C 2300" which won four years straight beginning in 1931.
The 8C was upgrades into the "8C 2900" in 1936, now featuring an increased bore/stroke, and was equipped on the "8C 2900B". Of the many successes and variations of the 8C 2900B is the "8C 2900B Mille Miglia" which raced at the 1938 Mille Miglia and managed a 1-2 finish. As one of the cars of the Golden Era of Alfa Romeo, we have decided to choose this car as the topic of our next kit.


[ キット概要 -Kit Details- ]

■1938年のミッレミリアで優勝した#143番車と、2位に入った#142番車、他に#141/#148番車をモデル化しました。
■ホワイトメタル、ウレタン樹脂、金属挽き物、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、デカール、各種コード類を使用したマルチ・マテリアル・キット。
■ライトリム・ホイールリム・ホイールシャフト・ナットの各パーツは金属挽き物製で質感高く再現できます。
■ホイールのスポークは金属線を組んでいく組み立て式。リアルにワイヤーホイールを再現できます。
■フロントボンネット・ドアは開閉が可能で、リアボンネットも取り外しができ、完成後も内部構造を見ることができます。

- based on the 1938 Mille Miglia winner Car# 143, and runner up Car #142. Car #141 and #148 also constructable from this kit.
- a full detailed, multi-material kit featuring white metal, resin, etching, turned parts, rubber tires, silk screen decals and various cords allowing for maximum representation of the original vehicle.
- aluminum turned parts used for light rim, wheel rim, wheel shaft, and lock nut
- wire wheel built from a combination of aluminum turned wheel rim and stainless spokes allowing for realistic representation.
- front bonnet and door can be opened and closed, and rear bonnet can be removed, allowing full view of the detailed interior after completion.





[ パーツ・リスト -Parts List- ]

  • 1/12 8C
  • 1/12 8C
  • 1/12 8C

  • 1/12 8C
  • 1/12 8C
  • 1/12 8C



●K811 - 1/12scale Fulldetail Kit : 8C 2900B [ Mille Miglia 1938 ]
 1938 Mille Miglia :
 Winner #143 C.Biondetti / A.Stefani
 2nd #142 C.Pintacuda / P.Mambelli
 #141 G.Farina / S.Meazza
 #148 E.Siena / E.Villoresi


[ 2022年3月発売 / March 2022 released ]

1/12scale Fulldetail Kit : 8C 2900B [ Mille Miglia 1938 ]

価格:

93,500円 (本体 85,000円、税 8,500円)

購入数: pcs
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ページトップへ