1/12scale Fulldetail Kit : 312B3 [1974]



[ 312B3 [1974]について -About the 312B3 [1974]- ]

1966年から69年にかけて60度V12エンジン搭載の312F1でグランプリを戦ってきたフェラーリチームは、低迷したチーム状況を打開すべく、マウロ・フォルギエリら技術陣の手による新型エンジンを開発します。新しいエンジンは水平対向12気筒(正確には180度V12)となり、サイズや重量面、重心といった面で60度エンジンからの性能向上が図られました。このエンジンを初めて搭載して1970年に登場したマシンは312Bと名付けられ、その後このエンジンを搭載したマシンは71年には改良型として312B2となり、73年には312B3としてグランプリを戦いました。
改良を加えられていった312Bシリーズでしたが、初年度の312B以降は苦戦を強いられることが多く、フェラーリチームは改革を迫られることになります。そして迎えた1974年シーズン、フェラーリはチーム体制とドライバーを一新、ルカ・ディ・モンテゼーモロがチームマネージャーに就き、ドライバーはクレイ・レガツォーニと若きニキ・ラウダという新コンビでグランプリを戦うことになります。
マシンも改良が加えられ、モノコックとカウル、インダクションポッドが大幅に見直され、空力面と重量配分での改善を図りました。この1974年型312B3によりフェラーリチームは息を吹き返し、コンストラクターズで2位、ドライバーズでもマクラーレンのエマーソン・フィッティパルディに次いでレガツォーニが2位に入る活躍を見せるのでした。中でも、ハラマ・サーキットで行われたスペインGPでは、若きラウダがF1初優勝を遂げ、またフェラーリに2年ぶりの勝利をもたらした記念すべきレースとなりました。
この74年型312B3は、その後の312TシリーズによるフェラーリF1栄光の時代の幕開けを告げる礎となったのでした。

Have shared little success with the 312F1 between the years of 1966 to 1969, a new engine was developed under the direction of Mauro Forghieri. The new engine was a flat-12 engine, featuring a completely different weight, size and center of gravity with hopes of better performance than the old 60 degree V12 used by the 312F1. The first car to run under this engine would be the 312B in 1970, and the engine would see further use in the successor cars - the 312B2 in 1971, and the 312B3 in 1973.
Despite various upgrades since the original 312B, the team did poorly after the successes of the original 312B. In order to change the flow, the team appointed Luca di Montezemolo as the new team manager, and had Clay Regazzoni and Niki Lauda as their driver lineup for the season of 1974.
The 312B3 was also upgraded for the 1974 season, with a revised monocoque, cowl and induction pod to improve the aerodynamics and weight distribution of the car. It managed to perform strongly, winning 2nd in constructors and even allowed Regazzoni take 2nd place in drivers (losing out to Emerson Fiddipaldi of the McLaren team). Among its many successes was taking Lauda to victory at the Spanish GP, marking his maiden victory and ending a two year victory drought for the Ferrari team.
The 1974 version of the 312B3 set the foundations for the 312T series that would bring Ferrari to its golden age in F1.


[ キット概要 -Kit Details- ]

・1974年型312B3の中でも、N.ラウダが初優勝した第4戦スペインGPと、第5戦ベルギーGPの仕様をモデル化しました。
・主要パーツにウレタン・ホワイトメタル・アルミ挽き物・エッチングパーツ・シルクスクリーン印刷デカール、各種コード類を使用したマルチマテリアル・フルディティールキット。
・ノーズやカウルは取り外しが可能で、完成後も内部構造を観賞出来ます。
・エンジンファンネル、マフラーエンド、ホイール、ホイールナット/シャフトはアルミ挽きもの製で質感高く再現。ゴムタイヤはメーカーロゴ印刷済み。

- based on the versions of 312B3 that raced at Rd.4 Spanish GP and Rd.5 Belgian GP in 1974, with Spanish GP marking N.Lauda's maiden victory in F1.
- a full detailed, multi-material kit featuring white metal and resin parts, aluminum turned parts, etching, rubber tires, silk screen printed decals and various cords allowing for maximum representation of the original vehicle.
- nose and cowl can be removed post building to reveal detailed interior of car.
- aluminum turned parts used for engine funnel, muffler end, wheel rim, wheel nut and wheel shaft. Pre-printed sponsor logos featured on tires.




[ パーツ・リスト -Parts List- ]



●K769 - 1/12scale Fulldetail Kit : 312B3 [1974]
1974 Rd.4 Spanish GP / Rd.5 Belgian GP
#11 C.Regazzoni / #12 N.Lauda

[ 2021年1月発売 / January 2021 released ]

1/12scale Fulldetail Kit : 312B3 [1974]

価格:

73,700円 (本体 67,000円、税 6,700円)

購入数: pcs
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ページトップへ