1/12scale Fulldetail Kit : 155V6TI [DTM1993]



[155V6TI [DTM1993]について -About the 155V6TI [DTM1993]- ]

DELTAを擁してラリーを戦ってきたランチアは1991年でワークス活動を停止、ランチアの親会社であるフィアットは、次なるレース活動の場をツーリングカーレースに定めることになります。フィアットはランチアと同じく傘下会社であったアルファロメオ、その市販車”155”をプロモートすべく、155ベースのレースマシン”155GTA”で1992年イタリアツーリングカー選手権に参戦、チャンピオンを獲得します。
そして翌1993年に、当時ヨーロッパ最高峰のツーリングカーレース・ドイツツーリングカー選手権(DTM)に参戦すべく、投入されたマシンが”155V6TI”です。
155V6TIは、155GTAでのテストをフィードバックして開発されたマシンではありましたが、ほとんど流用されたパーツは無く、ほぼ新設計のマシンとなりました。構造的には多くのボディパーツをカーボン製とし、新開発の自然吸気2.5L・60度V6エンジンを搭載したフルタイム4WDマシンでした。
1993年DTMには4台の155V6TIが投入され、そのうちワークスチームであるアルファ・コルセからはN.ラリーニとA.ナニーニがドライブする2台がエントリーし、ラリーニが10勝、ナニーニが2勝を挙げる活躍を見せ、ラリーニがドライバーズ・チャンピオンに輝きました。

With the Lancia team and their Delta withdrawing from rally activities in 1991, Fiat (Lancia's parent company) had decided to focus on touring car racing instead. Using the street car “155” from another umbrella company, Alfa Romeo, as a base, they upgraded it to racing specs “155GTA” and entered it into the 1992 Italian Superturismo Championship where it would take championship.
In the following year of 1993, the team entered the “155V6TI” to join the then popular German Touring Car Championship (DTM). While the 155V6TI was developed using test feedback data from the 155GTA, very few of the parts from the 155GTA were reused, making the 155V6TI almost a brand new machine of its own. It was a full time 4WD car running on a 2.5L 60 degrees V6 engine and many of its body parts are carbon based.
Four 155V6TI's were entered into DTM in 1993, with two cars entered by Alfa Corse driven by works drivers Nicola Larini and Alessandro Nannini. Larini won 10 races, and Nannini won 2, allowing for Larini to take drivers champion for the season.


[ キット概要 -Kit Details- ]

・1993年DTM参戦のワークスチームであるアルファ・コルセの2台、#8 N.Larini車、#7 A.Nannini車 を1/12スケールでモデル化しました。
・主要パーツにウレタン・ホワイトメタル・アルミ挽き物・エッチングパーツ・シルクスクリーン印刷デカール等を使用したマルチマテリアル・フルディティールキット。
・前後ドアドアは開閉可能、フロントボンネットとリアボンネットは取り外しが可能で、完成後も内部構造を観賞出来ます。
・ホイール、ホイールナット/シャフトはアルミ挽きもの製で質感高く再現。ホイールはブラックアルマイトカラー仕上げ。ゴムタイヤはメーカーロゴ印刷済み。
・ LariniとNannini 2人のドライバーで異なるステアリングホイールやシフトレバーもパーツ化しました。

- a 1/12 scale model based on the two Alfa Corse entries for the 1993 DTM: Car #8 driven by N.Larini and car #7 driven by A.Nannini.
- a full detailed, multi-material kit featuring white metal, resin, etching parts, turned parts and silk screen decals allowing for maximum representation of the original vehicle.
- front and rear doors open, and front/rear bonnets can be removed, allowing for full view of detailed interior after completion.
- aluminum turned parts used for wheel, wheel nut and wheel shaft. Wheels pre-anodized in black. Tires feature pre-printed logos.
- Differences in steering wheel and shift stick designs between the two drivers have been faithfully created and both set of parts are included with kit.




[ パーツ・リスト -Parts List- ]



●K762 - 1/12scale Fulldetail Kit : 155V6TI [DTM1993]


[ 2020年12月発売 / December 2020 released ]

1/12scale Fulldetail Kit : 155V6TI [DTM1993]

価格:

85,800円 (本体 78,000円、税 7,800円)

購入数: pcs
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ページトップへ