1/12scale Fulldetail Kit : Tyrrell 006



[ Tyrrell 006について -About the Tyrrell 006- ]

1950年代にレーシングドライバーとして活動していたケン・ティレルは引退後レーシングチームを設立、1968年にはフランスのマトラと組みF1チーム監督としてのキャリアをスタートさせました。1969年にジャッキー・スチュワートのドライブでタイトルを獲得、最初の成功を収めます。1970年にはマトラと袂を分かち、自らの名を冠した独立コンストラクターとしてのF1チームを立ち上げます。デザイナーはデレック・ガードナー、エンジンはフォードDFV、ドライバーはJ.スチュワートとフランソワ・セベールという組み合わせでグランプリを戦い、71年にはティレル3番目のF1マシン、003でチャンピオンを獲得します。しかし翌72年はロータスのエマーソン・フィッティパルディに敗れ、スチュワートはシーズン2位で終えます。
そして雪辱を果たすべく迎えた1973年、ティレルは前年終盤に試験的に使われたニューマシン、006を本格投入します。006は、DFV、大型インダクションポッド、アルミモノコックにスポーツカーノーズといった初期ティレルF1マシンの特徴を熟成させたマシンでした。006でスチュワートは5勝を挙げドライバーズチャンピオンを獲得、セベールも6度の2位に入る活躍を見せました。この73年のスチュワートの勝利は、ティレルが獲得した最後のチャンピオンとなり、この年限りでスチュワートは引退、セベールはアメリカGPの予選で事故死し、1970年から始まった初期ティレルチーム、そのひとつの時代の区切りを迎えることになりました。

After retiring from racing in late 1950s, Ken Tyrrell started up his own racing team, and in 1968 his team would work together with French auto manufacturer Matra to enter F1. Working as the team principal, the team managed their first win during the 1969 season with their driver Jackie Stewart taking the drivers title. In 1970 Tyrrell would split ways with Matra and work as their own team. With designer Derek Gardner, the DFV engine from Ford, and drivers J.Stewart and François Cévert, the team was able to take another victory in 1971 with their third car, the 003. However in the following season Stewart lost out to Emerson Fittipaldi from the Lotus team and finished the season in second place only.
In 1973, Tyrell would enter their new machine, the 006, which they tested during the final rounds of the previous season. The 006 was equipped with a DFV engine, large induction pods, aluminum monocoque and a sports car nose like its previous iterations, but would take each element to its maximum potential. Stewart took Drivers Championship with 5 wins during the season, and Cévert also managed to take 2nd place 6 times. However, Stewart's driver championship for this season became the last championship won by the team, and with Stewart retiring from racing and Cévert having passed away during the qualifier run for the U.S. GP, 1973 marked the end of an era for the Tyrrell team.



[ キット概要 -Kit Details- ]

■J.スチュワートが優勝した1972年第5戦ベルギー/第6戦モナコGP仕様をモデル化しました。
■ホワイトメタル、ウレタン樹脂、金属挽き物、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、シルクスクリーン印刷デカール、各種コード類を使用したマルチ・マテリアルキット。
■ホイールリム、エンジンファンネル、ホイールシャフト/ナットはアルミ挽き物製。レフトサイドのナットはレッドアルマイト仕上げ。
■DFVエンジンは、内部のカムやクランクが可動状態で組み立てることができます。
■フロントノーズ/リアカウルは着脱可能で、完成後も内部構造を見ることができます。
■ゴム製タイヤはメーカーロゴ印刷済み。

- based on the earlier version of the 006 that raced during Rd.5 Belgian GP and Rd.6 Monaco GP, both of which J.Stewart took first place.
- a full detailed, multi-material kit featuring white metal, resin, etching, metal turned parts, rubber tires, silk-screen decals and various cords allowing for maximum representation of the original vehicle.
- aluminum turned parts used for wheel rim, engine funnels, wheel shaft and lock nut. Two lock nuts have red aluminite finish for use on left side of the car.
- DFV engine designed with moveable cam and crankshaft parts after completion
- front nose and rear cowl removable, allowing for full view of the detailed interior after completion.
- pre-printed sponsor logos featured on tires.





[ パーツ・リスト -Parts List- ]




●K751 - 1/12scale Fulldetail Kit : Tyrrell 006
 1973 Rd.5 Belgian GP / Rd.6 Monaco GP
 #5 J.Stewart / #6 F.Cévert

[ 2020年9月発売 / September 2020 released ]

1/12scale Fulldetail Kit : Tyrrell 006

価格:

74,800円 (本体 68,000円、税 6,800円)

購入数: pcs
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ページトップへ