1/12scale Fulldetail Kit :LOTUS Type49B



[ LOTUS Type49Bについて -About the LOTUS Type49B- ]
1966年F1において新レギュレーションが採用されエンジン排気量制限が1.5リッターから3リッターになり、チーム・ロータスはBRM H16エンジンを採用しますが性能不足のため苦戦を強いられました。C・チャップマンは新興エンジンメーカーのコスワースに3リッターF1専用エンジンの開発を依頼し、そこでフォードの資金援助を受け完成したのが、3リッター90度V8DOHCのコスワース”Double Four Valve”、つまりレーシング史に残る名機 ”DFV”エンジンです。
1967年、DFVの完成を受け、チャップマンとチームはこのDFVもシャシーの強度を担うパーツの一部とした革新的設計思想の元、軽量・コンパクトなニューマシン”TYPE49″を開発し、グランプリに投入。シーズン途中の第3戦オランダGPに登場したTYPE49は、J.クラークがデビュー・ウィンを飾りました。この年のシーズン、タイトルには僅かに及びませんでしたが、TYPE49は残りの全レースでポールを獲得し4勝を挙げます。
翌1968年、J.クラークが4月のF2レースで事故死、エースドライバーを失ったチームロータスでしたが、G.ヒルをエースに、そしてTYPE49の改良型で68年シーズンに臨むことになります。68年第3戦モナコGPから投入された改良型TYPE49は、ホイールベースが延長され、ギアボックスをZF製からヒューランド製に変更、フロントにウィングを装着し空力面での改良を施したマシン、”TYPE 49B”として生まれ変わります。またこの49Bは、それまでのナショナルカラーにボディを塗装する慣習を破り、スポンサー企業のカラーを纏ったマシンとしてサーキットに登場しました。このシーズン、ヒルは3勝を挙げ、開幕戦TYPE49で勝利したクラークの1勝と合わせ、チームロータスはコンストラクターズチャンピオンを獲得、ヒルもドライバーズのタイトルを得る活躍を見せたのでした。

The F1 regulation changed in 1966 that the exhaustion limit was changed from 1.5L to 3L, the Team Lotus was in a hard time because of the limitation of the BRM H16 engine.Then C. Chapman develop the new engine with Cosworth, the emerging company to develop a 3L engine for F1, and with capital support from Ford. The hall-of-fame “DFV” engine, which “DFV” stands for “Double Four Valve”, the 3L 90 degrees V8 DOHC DFV engine is finally completed.
After the engine is completed, the Team and Chapman also starting to design the new F1 chassis, to strengthen the parts that can support the new engine and chassis, and with some of the revolutionary ideas, the light-weight, compact Type 49 is completed and joined the 1967 races from round 3 Dutch GP, and J.Clark won the round with this new car.Although this year cannot win any titles, the Type 49 had won 4 races in total of this racing season.
In the following year of 1968, the Lotus Team lost their ace driver J.Clark who passed away from a F2 accident in April. As a result G.Hill stepped up as the new team leader, and the Type 49 was further upgrade for the season. At Rd.3 Monaco GP, the “Type 49B” made its debut – featuring a longer wheel base, front wings to improve aerodynamics, and a Hewland brand gearbox replacing the ZF brand. The car also abandoned the international racing colour paint scheme and used sponsor colours instead. Hill managed to take three wins with the Type 49B that season, and along with Clark’s season opening win with the Type 49, the Lotus Team managed to win the Constructors title for the year of 1968. Hill also won the Drivers title for this season.


[ キット概要 -Kit Details- ]
■ホワイトメタル、ウレタン樹脂、金属挽き物、エッチングパーツ、バキューム、ゴムタイヤ、シルクスクリーンデカール、各種コード類を使用したマルチ・マテリアル・キット。
■ホイールリム・エンジンファンネルは金属挽き物製で質感高く再現できます。
■ノーズは脱着が可能で、完成後も内部構造を見ることができます。
■DFVエンジンは、内部のカムやクランクが可動状態で組み立てることができます。
■キットと同時発売で、ボディに取り付けることでディテールアップできるリベットセットを発売します。
詳細はこちら>> “P1140: 1/12scale Rivet Set [ for 1/12scale LOTUS Type49 ]”。

– a full detailed, multi-material kit featuring white metal, resin, etching, metal turned parts, vacuum parts, rubber tires, silk screen decals and various cords allowing for maximum representation of the original vehicle.
– aluminum turned parts used for wheel rim, engine funnels to achieve realistic finish.
– Nose removable, allowing full view of the detailed interior after completion.
– redesigned DFV engine, now with movable cam and crankshaft parts after completion.
– “1/12scale Rivet Set [ for 1/12scale LOTUS Type49 ]” to be released along with this kit.

  • 1/12 49B
  • 1/12 49B
  • 1/12 49B
  • 1/12 49B





[ バリエーション -Variations- ]
1/12 Fulldatail LOTUS Type49B
K722 – Ver.A : 1968 Rd.3 Monaco GP Winner #9 G.Hill
・Type 49Bのデビューレースであり、G.ヒルが勝利した1968年第3戦モナコGP仕様をモデル化しました。
– based on the version used at the 1968 Monaco GP – the Type 49B’s debut race and also G.Hill’s first victory with the car.



1/12 Fulldatail LOTUS Type49B
K723 – Ver.B :
1968 Rd.7 British GP #8 G.Hill
1968 Rd.8 German GP #3 G.Hill

・ハイマウント・リアウィングで参戦した1968年イギリスGP/ドイツGP仕様を再現しました。
– based on the versions used at both the 1968 British and German GP’s, featuring a high mount rear wing.



1/12 Fulldatail LOTUS Type49B
K724 – Ver.C :
1968 Rd.7 British GP Winner “Rob Walker Team” #22 J.Siffert

・プライベーター”ロブ・ウォーカー・チーム”から49Bで参戦し、68年イギリスGPにおいてJ.シファートが勝利した仕様をキット化。
– based on the version of 49B used by the privateer team “Rob Walker Team” at the 1968 British GP, where driver J.Siffert claimed first place.




[ パーツ・リスト -Parts List- ]

  • 1/12 49B
  • 1/12 49B
  • 1/12 49B


[ 2019年10月発売 / October 2019 Released ]

1/12scale Fulldetail Kit :LOTUS Type49B

価格:

71,500円 (本体 65,000円、税 6,500円)

バリエーション -Variations-:
購入数: pcs
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ページトップへ