1/12scale Fulldetail Kit : 312T2 ’77



[ 312T2 ’77について -About the 312T2 ’77- ]
フェラーリチームにおいて1970年から75年にかけてグランプリで活躍した312Bシリーズに替わり、新たに開発されたマシンが312Tでした。312Tは312Bシリーズに引き続き水平対向12気筒エンジンを搭載、横置きギアボックスやアルミセミモノコック構造を採用するなどの改良が施され、1975年のチャンピオンに輝きました。76年にはレギュレーションの変更と空力性能向上の為、インダクションポッドを廃止しフロントに大型NACAダクトを設けた改良型、312T2が登場しました。この年のT2はN.ラウダのドイツGPでの大事故や、同じくラウダの日本GPでの自主リタイヤなどが響き、ドライバーズチャンピオンこそライバルのJ.ハントに僅差で敗れましたが、コンストラクターズのタイトルは獲得しました。
そして迎えた77年シーズン、さらなる改良と安定性を獲得したマシンとしてサーキットに現れたのが312T2 1977年型です。312T2’77はサイドカウルの形状を何度か変更しながらシーズンを戦い、3勝を挙げたN.ラウダがチャンピオンに輝きました。また312T2’77は、コンストラクターズのタイトルを決めた後チームを去ったラウダに替わりG.ヴィルヌーヴがドライヴし、最終2戦を戦ったことも大きなトピックとなっています。
The 312T was designed to replace the 312B – Ferrari’s representative F1 car between the years of 1970 till 1975. The 312T kept the same flat 12 cylinder engine as the 312B, but featured a transverse gearbox and aluminum monocoque. While it took the championship title in 1975, modifications to the car was required in the following season due to regulation changes. In order to comply with new regulations and improve aerodynamics of the car, the induction pods were scrapped in favour of large NACA ducts at the front, giving birth to the 312T2. While driver N. Lauda suffered a near fatal accident in the German GP and retired from the Japanese GP on his own accord, the car ended up winning the constructor’s title in 1976. Lauda himself, however, ended up giving away the drivers championship to J.Hunt for that season.
In 1977, alterations and improvements were made to the 312T2, giving form to a newer build of the 312T2 compared to the 1976 season. The side cowls were modified extensively during the season, and N.Lauda managed three victories to claim both drivers and constructors championship for the 312T2 ’77. N.Lauda quit the team once both titles were secured, and was replaced by G.Villeneuve for the last two races of the season.


[ キット概要 -Kit Details- ]
■ホワイトメタル、ウレタン樹脂、金属挽き物、エッチングパーツ、バキューム、ゴムタイヤ、シルクスクリーンデカール、各種コード類を使用したマルチ・マテリアル・キット。
■ホイールリム・エンジンファンネル・ホイールシャフト/ロックナット・マフラーエンド・テールランプ台座各パーツは金属挽き物製で質感高く再現できます。
■ボディカウル・ノーズは脱着が可能で、完成後も内部構造を見ることができます。
– a full detailed, multi-material kit featuring white metal, resin, etching, metal turned parts, vacuum parts, rubber tires, silk screen decals and various cords allowing for maximum representation of the original vehicle.
– aluminum turned parts used for wheel rim, engine funnels, wheel shaft, lock nut, muffler ends and tail lamp base to achieve realistic finish.
– body cowl and nose removable, allowing full view of the detailed interior after completion.

  • 1/12 312T2 ’77
  • 1/12 312T2 ’77
  • 1/12 312T2 ’77
  • 1/12 312T2 ’77


[ バリエーション -Variations- ]
●K685 - Ver.A : 1977 Rd.3 South African GP / Rd.4 U.S.West GP #11 N.Lauda / #12 C.Reutemann
・1977年シーズンの3戦目、77年型312T2の実質的デビューレースでN.ラウダが優勝した南アフリカGPと、同じくラウダが2位に入った第4戦U.S.West GP仕様をモデル化しました。
・中期・後期型とはサイドカウルやミラーの形状が異なる初期型仕様を再現。
– based on the build that raced in Rd.3 South African GP in 1977, where the 312T2 under the 1977 specifications first debuted. N. Lauda finished 1st in this race. The version used in Rd.4 U.S.West GP where Lauda took 2nd place can also be built from this version.
– features a different side cowl and mirror compared to middle and late builds of the car.
/12scale Fulldetail Kit : 312T2 ’77 /12scale Fulldetail Kit : 312T2 ’77


●K686 - Ver.B : 1977 Rd.11 German GP #11 N.Lauda / #12 C.Reutemann
・N.ラウダがシーズン2勝目を挙げた第11戦ドイツGP仕様をモデル化しました。
・初期・後期型とは異なるサイドカウル形状を再現。
– based on the build that raced in Rd.11 German GP where N.Lauda scored his second victory of the season.
– features a different side cowl compared to early/late builds of the car.
/12scale Fulldetail Kit : 312T2 ’77 /12scale Fulldetail Kit : 312T2 ’77


●K687 Ver.C : 1977 Rd.13 Dutch GP #11 N.Lauda / #12 C.Reutemann
Rd.16 Canadian GP #21 G.Villeneuve / #12 C.Reutemann

・N.ラウダが勝利した第13戦オランダGP仕様、そしてラウダが欠場しその代役であるG.ヴィルヌーヴがフェラーリデビューを果たしたレース、第16戦カナダGP仕様をモデル化。
・後期型の特徴であるサイドカウル上部に開口が設けられたスタイルを再現。
– based on the build that raced in Rd.13 Dutch GP where N.Lauda grasped victory, and the build used in Rd.16 Canadian GP where G.Villeneuve made his Ferrari debut after Lauda’s retirement from the team.
– features side cowls with an opening at the top that was unique to the design of the car’s late build.
/12scale Fulldetail Kit : 312T2 ’77 /12scale Fulldetail Kit : 312T2 ’77



[ パーツ・リスト -Parts List- ]

  • 1/12 312T2 ’77
  • 1/12 312T2 ’77
  • 1/12 312T2 ’77
  • 1/12 312T2 ’77
  • 1/12 312T2 ’77


2020.03.10 / 2019.04.15 [ 組立説明書不備のお知らせ -Notice- ]
組立説明書に間違いがあることがわかりました。訂正画像をUPしましたので、お手数ですが組み立ての際はご参照いただきますよう、お願い致します。
There are mistakes on the instructions. Please refer the revised version (which had been uploaded on this page) for your modelling work.


  • 1/12 312T2


[ 2018年11月発売 / November 2018 Released ]

1/12scale Fulldetail Kit : 312T2 ’77

価格:

70,950円 (本体 64,500円、税 6,450円)

バリエーション -Variations-:
購入数: pcs
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ページトップへ