1/12scale Fulldetail Kit : 250LM



[ 250LMについて -About the 250LM- ]
1950年代から始まった世界スポーツカー選手権は、1962年から国際マニュファクチャラーズ選手権と名を改め、量産GTカーでもチャンピオンを争うレギュレーションとなります。フェラーリはこのチャンピオンシップを制する為、250GTOを投入、64年までGT-IIIクラス王者として君臨します。しかしシェルビー・デイトナを始めとした強力なライバル勢が現れ、フェラーリは後継マシンの投入を迫られます。そこで63年のプロトタイプモデルである250Pをベースに、量産モデルのGTカーとして1963年に誕生したマシンが250LMです。しかし量産が思うように進まず結局32台の生産に留まり、100台というGTの年間生産義務が果たされていないとしてFIAからGT申請を却下されてしまい、250LMはプロトタイプとしてレースにエントリせざるを得なくなります。そしてフェラーリワークスが275/330Pを使用する関係上、250LMは全てプライベートチームからの参戦となりましたが、1965年のル・マンではワークス・フェラーリが次々にリタイヤしていくなか、N.A.R.Tから参戦の250LM#21号車がフェラーリの窮地を救う総合優勝を勝ち取る予想外の活躍を見せます。さらに250LMはこのレースで#26号車が3位に、#27号車が6位に入る健闘を見せたのでした。この勝利でフェラーリはル・マン6連勝及び9勝目を挙げましたが、現在(2020年3月)に至るまで、フェラーリのル・マンでの最後の総合優勝として記録に刻まれることとなります。
In 1962, the World Sportscar Championship series that started in the 1950s was replaced with the International Championship for GT Manufacturers, changing its regulations to focus on production based GT cars. In order to secure the championship, Ferrari entered the 250GTO which would conquer Class GT-III up until 1964. However with rival Shelby Daytona becoming a threat, Ferrari needed a successor model. Using the 250P prototype model as a base, the 250LM was introduced in 1963. However having only built 32 out of the required 100 units, FIA turned down the 250LM’s entry into the GT class and the car had to be runned as a prototype. Ferrari continued to use the 275/330P series, and the 250LMs were instead used by private teams. While Works Ferrari struggled with a series of retires in the 1965 Le Mans, N.A.R.T.’s 250LM entry Car no. 21 managed to win the championship. Two other 250LM entries (Car no. 26 and Car no. 27) also managed to take 3rd and 6th place respectively in the same race. The victory gave Ferrari 6th consecutive and 9 overall victories in Le Mans, and till this day (April of 2018) remains the last victory achieved by Ferrari in the series.


[ キット概要 -Kit Details- ]

■ホワイトメタル、ウレタン樹脂、金属挽き物、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、デカール、各種コード類を使用したマルチ・マテリアル・キット。
■ホイールリム、センターロック、ホイールシャフト、エンジンファンネル、ドアノブはアルミ挽き物製。マフラーエンドや一部のフレーム用金属パイプはカット加工済み。
■ホイールのスポークは金属線を組んでいく組み立て式。リアルにワイヤーホイールを再現できます。
■フロントボンネットカバーとドア、リアカウルは開閉可能で完成後も内部構造を見ることができます。
■エンジンはピストン等、内部構造もパーツ化。
■ウインドウモールやコクピットフロア等は、ゴム製で質感高く再現。
■タイヤのメーカーロゴは印刷済(Ver.A/Dのみ)。

– a full detailed, multi-material kit featuring white metal, resin, etching, metal turned parts, rubber tires, decals and various cords allowing for maximum representation of the original vehicle.
– aluminum turned parts used for wheel rim, center lock, wheel shaft, engine funnel and doornob. Precut pipes used for muffler ends and a part of the frame.
– wheel spokes built from individual metal wires allowing for a realistic representation.
– front bonnet cover, door and rear cowl can be open/closed allowing full view of the detailed interior after completion.
– engine broken down into more detail, with piston and interior separated into own unique parts.
– rubber parts used for window edges and cockpit flooring allowing for a realistic representation.
– pre-printed sponsor logos featured on tires (for Ver. A and D).

  • 1/12 250LM
  • 1/12 250LM
  • 1/12 250LM
  • 1/12 250LM
  • 1/12 250LM
  • 1/12 250LM
  • 1/12 250LM
  • 1/12 250LM




[ バリエーション -Variations- ]

1/12scale Fulldetail Kit : 250LM
K653 - Ver.A : 1965 LM 24 Hours Race Winner [ North American Racing Team ] #21 M.Gregory / J.Rindt

・N.A.R.T.からのプライベート参戦ながら、1965年のル・マン24時間レース総合優勝を成し遂げた21号車をモデル化。他Ver.とは異なり、P.ドローゴの手による特徴あるロングノーズボディを再現しました。
– based on the 1965 Le Mans winner Car number 21 enter by N.A.R.T.. Features a distinct long nose body not found in other versions.


1/12scale Fulldetail Kit : 250LM
K654 - Ver.B : 1965 LM 24 Hours Race [ Maranello Concessionaires ] #23 L.Bianchi / M.Salmon

・赤いボディにスカイブルーのラインが特徴的な23号車をモデル化。
– based on Car number 23 that features a sky blue line running down the center of the car’s red body.


1/12scale Fulldetail Kit : 250LM
K655 - Ver.C : 1965 LM 24 Hours Race [ Ecurie Francorchamps ] #25 G.L.van Ophen / “Elde”
[ Piere Dumay ] #26 P.Dumay / G.Gosselin


・65年ル・マンにおいて3位に入ったPiere Dumayの26号車と、Ecurie Francorchamps25号車の、イエローボディ2仕様が選択できます。
– based on the yellow Car number 26 entered by P. Dumay which took 3rd place in 1965 Le Mans. E. Francorchamps’ entry of Car number 25 can also be built from this version.


1/12scale Fulldetail Kit : 250LM
K656 - Ver.D : 1965 LM 24 Hours Race [ Scuderia Filipinetti ] #27 D.Spoerry / A.Boller

・65年ル・マンにおいて6位に入る健闘を見せたScuderia Filipinettiの27号車を再現しました。
– based on Car number 27 entered by Scuderia Filipinetti which secured 6th place at the 1965 Le Mans.



[ パーツ・リスト -Parts List- ]

  • 1/12 250LM
  • 1/12 250LM
  • 1/12 250LM
  • 1/12 250LM
  • 1/12 250LM
  • 1/12 250LM
  • 1/12 250LM
  • 1/12 250LM
  • 1/12 250LM
  • 1/12 250LM
  • 1/12 250LM
  • 1/12 250LM
  • 1/12 250LM
  • 1/12 250LM


[ 2018年4月発売 / April 2018 Released ]

1/12scale Fulldetail Kit : 250LM

価格:

96,800円 (本体 88,000円、税 8,800円)

バリエーション -Variations-:
購入数: pcs
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ページトップへ