1/12scale Fulldetail Kit : MAZDA 787B



[ MAZDA 787Bについて -About the MAZDA 787B- ]
2017年現在、ル・マン24時間レースにおける日本メーカー車唯一の、そしてロータリーエンジン唯一の総合優勝車としてその名を残すマシン、それがMAZDA 787Bです。この優勝は、マツダとロータリーエンジンの長い歴史の中でもひときわ輝くハイライトとなった出来事といえるでしょう。また、今年(2017年)は、マツダ が最初のロータリー市販車を発売した1967年から50周年という節目の年でもあります。
マツダのロータリーエンジンとの関わりは、1960年代 まで遡ります。当時西ドイツの自動車・オートバイメーカーであったNSUが世界初のロータリーエンジン自動車を販売しており、日本自動車メーカーの中で後発であった東洋工業(後のマツダ)はNSUと技術提携の契約を結び、社運を賭けてロータリーエンジン車の開発に取 り組むことになりました。そして1967年、最初のマツダ製ロータリー搭載市販車、コスモスポーツが発売になります。オイルショック後、NSUとその提携企業がロータリーから撤退しても、マツダは唯一その後もロータリーエンジン車を作り続けることになります。
マツダによるモータースポーツへの参加、その中でもル・マン24時間レースとの関わりは、1970年代から始まります。本格的な参戦としては、1973年のマツダロータリーエンジンを搭載したシグマMC73から。その後不参加の年もありましたが、1991年に至るまでロータリーエンジン・サウンドをサルト・サーキットに響か せ続けることになります。ル・マン参戦車としては1988年のマツダ767から4ローターエンジンとなり、1990年の787を経て、その改良型、787Bの1991年総合優勝へとたどり着くことになります。
1991年のル・マンはレギュレーションの変更により、ロータリーエンジンでの参戦が可能となる最後の年でした。その最後のチャンスに、ワークスカラーの787と787B、そしてレナウン・チャージのグリーンとオレンジに彩られた787Bの3台で参加したマツダは、メルセデスC11やジャガーXJR-12といった強力なライバル勢を 退け、レナウンカラーの55番車が総合優勝の快挙を成し遂げるのでした。
その後の55号車はマツダの手によりレストア・動態保存がなされ、優勝から20年後の2001年にはル・マン主催者の招待により、再びサルト・サーキットを走行、当時脱水症状で表彰台に上れなかったドライバー、ジョニー・ハーバートが表彰台に立つ、という演出が行われました。またこのデモランは、この年におきた東日 本大震災に対するメッセージステッカーを車体に貼り、そのアピールを伴った走行でもありました。
この日本のみならず、世界のモータースポーツ史にその名を残すメモリアルなマシン MAZDA 787Bを、マツダロータリー50周年である2017年、1/12スケール・フルディティールキット化しました。

The Mazda 787B is currently the only Japanese built car to have won the 24 Hours of Le Mans, and doing so equipped with a rotary engine. The victory not only marks an incredible milestone for the Mazda company, but also a special moment in the history of the rotary engine itself. This year (2017) also marks the 50th anniversary since Mazda first sold vehicles running on the rotary engine in 1967.
The rotary engine was first introduced in automobiles by German automotive/autobike maker NSU in the 1960s. In order to separate themselves from other Japanese auto companies, Toyo Kogyo Co. (later known as Mazda Motor Co.) formed a contract with NSU and began development on rotary engine powered automobiles. In 1967 Mazda released the first of such vehicles: the Cosmo Sport. After the oil shock NSU and their rotary supplier dropped from the market, but Mazda continued to produce cars running on rotary engines, making them the sole supplier of rotary engine powered automobiles.
Mazda first entered the 24 hours of Le Mans in the 1970s, with their first official debut in 1973 with the rotary engine equipped Sigma MC73. While there were years where the team did not participate, when they did the team continued to use rotary engines in their entries. Beginning with the 4 rotor engine in the Mazda 767 that first appeared in 1988, and the 1990 entry 787, the team’s effort finally came to fruition as the upgraded version of the 787, the 787B, won the 24 Hours of Le Mans in 1991.
Due to a change in regulations, 1991 became the last year that rotary engines could be used in Le Mans. During this year, Mazda entered three cars: a 787 and 787B both under Works colours, and a third 787B painted in Renown green/orange. The three cars faced strong rivals such as the Mercedes C11 and XJR-12 on the track, but the Renown painted 787B (No. 55) beat out the competition to take first place overall in the end.
After the race, car no. 55 was restored and put into retirement. 20 years after its victory the car was brought into Le Mans in 2011 and ran on the Sarthe Circuit once more. Driver J. Herbert stood upon the podium in act of celebration after the run (something he was unable to due 20 years ago as he suffered dehydration after the race and had to be ushered into the medical centre). During the demo run the car also featured a message sticker in support of the Tohoku Earthquake relief in lieu of the earthquake that also happened during 2011.
In memory of the vehicle that not only made racing history in Japan but also all around the world, and in celebration of the 50th anniversary of Mazda’s rotary engine, we present our latest 1/12 scale full detail kit – the Mazda 787B.


[ キット概要 -Kit Details- ]
■1991年ル・マン総合優勝車、787Bの55号車( V.Weidler / J.Herbert / B.Gachot )をモデル化しました。
■ホワイトメタル、ウレタン樹脂、金属挽き物、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、デカール、各種コード類を使用したマルチ・マテリアル・キット。
■ホイールリム、センターロック、シャフト、ヘッドライトライトリム、給油口はアルミ挽き物製。
■エンジンは内部のローターやシャフト等もパーツ化、内部構造も見ながら組み立てることができます。
■フロント/リアカウルは着脱可能、ドアも開閉可能で完成後も内部構造を見ることができます。
■ゴム製タイヤはメーカーロゴ印刷済み。

– based on the 1991 Le Mans winner, 787B no 55. (driven by V.Weidler/J.Herbert/B.Gachot)
– a full detailed, multi-material kit featuring white metal, resin, etching, metal turned parts, rubber tires, decals and various cords allowing for maximum representation of the original vehicle.
– aluminum turned parts used for wheel rim, center locknut, shaft, headlight rims and fuel intake mouth.
– rotary and shaft parts inside engine have been separated out as unique parts. Internals of rotary engine design can be view during building process.
– front/rear cowl can be removed, and doors can be open/closed allowing full view of the detailed interior after completion.
– pre-printed sponsor logos featured on tires.

  • 1/12 787B
  • 1/12 787B
  • 1/12 787B
  • 1/12 787B
  • 1/12 787B
  • 1/12 787B
  • 1/12 787B
  • 1/12 787B




[ パーツ・リスト -Parts List- ]

  • 1/12 787B
  • 1/12 787B
  • 1/12 787B
  • 1/12 787B
  • 1/12 787B
  • 1/12 787B
  • 1/12 787B



[ お知らせ -Notice- 2019.11.06 ]
組立説明書に間違いがあることがわかりました。訂正された説明書画像をUPしましたので、2019年10月までに購入されたお客様におかれましては、お手数ですが組み立ての際ご参照いただきますよう、お願い致します。
We have uploaded new images of the instructions for this kit as multiple errors have been found on the original set of instructions. For customers who have purchased this kit before November 2019 please refer to these new uploaded images for the correct assembly instructions.


  • 1/12 787B
  • 1/12 787B
  • 1/12 787B
  • 1/12 787B
  • 1/12 787B


[ 2017年11月発売 / November 2017 Released ]

1/12scale Fulldetail Kit : MAZDA 787B

価格:

82,500円 (本体 75,000円、税 7,500円)

購入数: pcs
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ページトップへ