1/12scale Fulldetail Kit : 312PB



[ 312PBについて -About the 312PB- ]
1970年に開発が始まった312PBは、F1マシンである312B用の180度V型12気筒エンジンをデチューンして搭載し、鋼管フレームにアルミパネルリベット止めのモノコック構造を持ったマシンとして1971年にデビューしました。
耐久性の低さで苦戦した1971年シーズンを終えた312PBは改良が加えられ、エンジン出力の向上・ギアボックスの分割化・シャシー強化・燃料タンクの分割化・タイヤのロープロファイル化によるカウルの形状変更等が行なわれました。そしてチーム体制も強化し臨んだ1972年シーズン、312PBは出場しなかったル・マンを除くすべての出場レースで優勝するという快挙を成し遂げました。1973年には更なる改良が加えられル・マンを始めとしたレースで活躍しましたが、ワークスチームの親会社となったフィアットによるレース予算縮小の決定を受け、ワークスチームは1974年以降F1のみに力を注ぐことになります。これにより312PBは、ワークスチームとしての最後の耐久レースマシンとして役目を終えることになるのでした。
The 312PB first debuted in 1971, featuring an aluminum monocoque bolted onto a steel frame, and equipped with a detuned version of the 180°V12 engine originally used on the team's 312B F1 machine.
Suffering from endurance issues in the 1971 season, the 312PB was upgraded on various fronts for the following year: increased engine output, separation of the gear box, strengthened chassis, separation of fuel tanks, and altered cowl shape to match low-profilization of the tyres. All these changes gave the works team a perfect winning record in 1972, except for Le Mans which the team did not enter that year.
In the following year of 1973 other upgrades were made to the car to make it competitive enough for Le Mans. However with the works racing team facing budget cuts from company owner, the team decided to focus solely on F1 from 1974 and on, making the 312PB the last endurance race car built by the works team.



[ キット概要 -Kit Details- ]
■72年のレース仕様2バージョンと、内部・外観に多くの改良が加えられた1973年のル・マン24時間出場車をラインナップ。
■ホワイトメタル、ウレタン樹脂、金属挽き物、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、デカール、各種コード類を使用したマルチ・マテリアル・キット。
■ホイールリム、マフラーエンド、ダンパー、ホイールシャフト/ロックナットはアルミ挽き物製。
■ヘッドライトリム等のメタルパーツはメッキ加工済み。
■フロント及びリアカウルは着脱可能で、完成後も内部構造を見ることができます。
■ゴム製タイヤはメーカーロゴ印刷済み。
■ファブリック地のシートは布目をイメージしたパターンのデカールを同梱。
- variations include 2 versions used in 1972, and the version used in 1973 Le Mans which featured various changes to the outward appearance/inner construction compared to the previous year.
– a full detailed, multi-material kit featuring white metal, resin, etching, metal turned parts, rubber tires, decals and various cords allowing for maximum representation of the original vehicle.
- aluminum turned parts used for wheel rim, muffler ends, damper, wheel shaft and lock nut.
- certain metal parts such as headlights have been further plated.
- front/rear cowl and bonnet can be removed, allowing full view of the detailed interior after completion.
- pre-printed sponsor logos featured on tires.
- fabric pattern decal included to replicate fabric seal commonly found in the racing machines in that era.

  • 1/12 312PB
  • 1/12 312PB
  • 1/12 312PB
  • 1/12 312PB
  • 1/12 312PB
  • 1/12 312PB


[ バリエーション -Variations- ]
●K587 - Ver.A : 1972
Rd.5 Monza 1000km #1 J.Ickx / C.Regazzoni #2 R.Peterson / T.Schenken #3 B.Redman / A.Merzario
Rd.6 Spa 1000km #1 J.Ickx / C.Regazzoni #2 R.Peterson / T.Schenken #3 B.Redman / A.Merzario
Rd.7 Targa Florio 1972 Rd.7 Targa Florio #3 A.Merzario / S.Munari
Rd.8 Nürburgring 1000km #1 J.Ickx / C.Regazzoni #2 B.Redman / A.Merzario #3 R.Peterson / T.Schenken
Rd.10 Austria 1000 km #1 J.Ickx / B.Redman #2 R.Peterson / T.Schenken #3 C.Pace / H.Marko #4 A.Merzario / S.Munari

・1972年の耐久レースでは常勝を極め、第5戦モンツァではJ.イクス/C.レガツォーニの#1が優勝、R.ピーターソン/T.シェンケンの#2がポールポジションから3位に入賞。続く第6戦スパ、第8戦ニュルブルクリンク共に1-2フィニッシュを飾り、さらに第10戦オーストリアでは出場した4台すべてが1位から4位までを独占する圧倒的な強さを見せました。
・また1台のみで出場した第7戦タルガフローリオでもA.メルツァリオ/S.ムナーリのコンビがポール・トゥ・フィニッシュで勝利を飾っています。
・モンツァをはじめ、ドラッグレスセッティングの低い位置にマウントされたリアウイングを再現。
・タルガフローリオ特有のボディサイドに膨らんだスペアタイヤカバーのディテールもパーツ化。
- based on the championship winner of the 1972 endurance races, where J.Ickx/C.Regazzoni claimed first in Rd.5 Monza, and R.Peterson/T.Schenken (having started from pole position) claiming 3rd in the same race. A one-two finish was claimed at both Rd. 6 Spa and Rd.8 Nurburgring, and in Rd. 10 Austria the team's four entries managed to claim all top 4 positions, showing off the unparalleled strength of the car.
- one variation based on car used by A.Merzario/S.Munari at Rd. 7 Targa Florio where the pair managed a pole to finish win.
- features low mounted rear wing set below dragless setting
- bumped spare tyre cover parts included for Targa Florio variation.
1/12 312PB verA 1/12 312PB verA


●K588 - Ver.B : 1972
Rd.11 Watkins Glen 6hours #85 M.Andretti / J.Ickx #86 R.Peterson / T.Schenken #87 B.Redman / A.Merzario

・1972年最終戦ワトキンズ・グレンでは、M.アンドレッティ/J.イクスの#85、R.ピーターソン/T.シェンケンの#86が3位以下に10周以上の大差をつけ、1-2フィニッシュでシーズンを締めくくりました。
・Ver.Aとは異なる、高低差のある高速コースであるワトキンズ・グレンに合わせ中段にセットされたリアウイングを再現しました。
- based on the version that raced at the final race in 1972 at The 6 Hours of Watkins Glen, where despite the large gap (over 3 positions for 10 laps), both pairs M.Andretti/J.Ickx and R.Peterson/T.Schenken managed to claim a one-two finish to end the season.
- features different rear wing from version A where height settings were made to make the car more suitable for a high speed course run.
1/12 312PB verB 1/12 312PB verB


●K589 - Ver.C : 1973
Rd.8 LM 24hours #15 J.Ickx / B.Redman #16 A.Merzario / C.Pace #17 T.Schenken / C.Reutemann

・1973年のル・マン24時間に参戦した312PBは、A.メルツァリオ/C.パーチェ組の#16がポールを獲得。決勝ではわずかにマトラに追いつかず、2位でフィニッシュしました。br> ・内部・外観共に昨年型(Ver.A/B)より多くの点で改良・変更された73年型をモデル化しました。ノーズセクションにドライビングランプを追加し、セミセパレートとなったコクピットカウル等、多くの改良点を再現しました。
- based on the version that raced at Le Mans in 1973 where A.Merzario/C.Pace won pole position, but only finished in 2nd, unable to catch up to the Matra who was only ahead by a short distance.br> - features different interior/exterior specific to the 1973 model that was absent from the previous year (Ver. A/B). Driving lamps added to the nose section, semi-separate cockpit cowl etc. have been faithfully reproduced.
1/12 312PB verC 1/12 312PB verC


  • 1/12 312PB
  • 1/12 312PB
  • 1/12 312PB


[ パーツ・リスト -Parts List- ]

  • 1/12 312PB
  • 1/12 312PB
  • 1/12 312PB
  • 1/12 312PB
  • 1/12 312PB
  • 1/12 312PB
  • 1/12 312PB
  • 1/12 312PB
  • 1/12 312PB
  • 1/12 312PB
  • 1/12 312PB
  • 1/12 312PB


[ 2017年4月発売 / April 2017 released ]

1/12scale Fulldetail Kit : 312PB

価格:

91,300円 (本体 83,000円、税 8,300円)

バリエーション -Variations-:
購入数: pcs
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ページトップへ