2016/9 07

1/12scale Fulldetail Kit : Ferrari 512BB LM Ver.A [1979 LM Pozzi/JMS Racing #62 / #63]

発売中

2016.09.05 新規画像をUPしました。

1979年から80年代前半にかけて多くのスポーツカーレースで活躍したFerrari 512BB LMが1/12スケール・フルディティールキットシリーズに加わります。

【 Ferrari 512BB LM について 】
1970年代半ば、N.A.R.T.を始めとしたプライベートチームは、レースでも戦えるロードカーであるフェラーリ365GT4/BBや512BBに目をつけ、レース用にチューンを施したマシンでル・マンやデイトナ等のスポーツカーレースに参戦しました。
しかし結果は芳しくなく、そのためフェラーリはル・マンで戦えるマシンを512BBをベースに完全レース仕様で開発を始め、そして1979年、サーキットに姿を現したのがFerrari 512BB LMです。
512BB LMは、180度V型12気筒エンジンを搭載し、内部構造はロードカーたる512BBをベースにしながらも、ボディはピニンファリーナの手による全く別物のレース仕様としてデザインされました。
最初に作られた数台の512BBLMは1979年及び80年のル・マンやデイトナにエントリー、1980年以降はボディの一部を変更した後期型や、プライベーターによってモデファイされたマシンも作られ、多くのレースで活躍しました。
この512BB LMの中で、79年にデビューした初期型を1/12スケールでフルディテールキット化しました。

 

【 キット概要 】
■ホワイトメタル、ウレタン樹脂、金属挽き物、エッチングパーツ、塩ビバキューム、ゴムタイヤ、デカール、各種コード類を使用したマルチ・マテリアル・キット。

■ホイールリム、ホイールナット、フロントメインライトリム、エンジンファンネル、マフラーエンド、サイド給油口はアルミ挽き物製。

■フロントカウルは着脱可能、リアカウルとドアは開閉が可能で、完成後も内部構造を見ることができます。

■ヘッドライトレンズはクリア樹脂製で、ガラス面モールドも再現。

■エッチング製リアグリルはスポンサーロゴが印刷済み。

■サイドウインドウネットやエンジン用ベルト、パイピング用結束バンドは、デカールと同じように台紙ごと水に浸すと台紙からはがれますので、その後使用することができます。


 

【 バリエーション 】
 ●K531 Ver.A : 1979 LM Pozzi/JMS Racing #62 / #63  価格 ¥83,000(税別)

・1979年のルマンにエントリーした、ライトブルーとレッドをバックに白い鳥が舞う特徴的なデザインで512BB LMの中でも最も有名なアートカーをモデル化。

・フロントライトカバーの金属板や、ボディトップのアンテナ等の特徴もパーツ化しました。

 



K531 1/12scale Fulldetail Kit : Ferrari 512BB LM Ver.A [1979 LM Pozzi/JMS Racing #62 / #63]¥83000 (+税)
在庫あり
在庫切れ
在庫切れ
在庫切れ