2016/4 14

Racing Pictorial Series by HIRO No.51 “Grand Prix 1975 PART-02″

発売中

■JOE HONDA Racing Pictorial Series by HIRO No.51「Grand Prix 1975 PART-02」

グランプリ・シーンに特化した“Racing Pictorial Series by HIRO”の第51 弾は、前号に引き続き、1975 年シーズンにフォーカス。
磐石の312T+ラウダに闘いを挑んだ玉石混淆のライバル達、その姿を捉えたアーカイヴの第二弾をお届けします。
今号PART-02 の巻頭を飾るのはラウダ+フェラーリの牙城に迫る事が出来た唯一の存在、エマーソン・フィッティパルディ擁するマクラーレンです。フェラーリ312T 同様、M23 も既刊で特集しておりますが、改めて名機M23 の流麗なプロポーションと特異なメカニズム・ディテールをご確認頂ければ幸いです。
今号で特にご注目頂きたいのは、“ハント・ザ・シャント(壊し屋ハント)”という有り難くないニックネームで知られた悪童ジェイムス・ハントが駆り、第一線に躍り出たヘスケス308。鬼才ハーベイ・ポストレスウェイトの名を世に知らしめる事にもなったエキセントリックなマシーンと極めて個性的なチームの有り様、そして終盤に登場した新型308C のディテールも収録しました。
シェクター+デパイユの名コンビを擁してタイプ007 の改良版で闘うタイレルや、ロニーとイクスという二人の天才を揃えながらタイプ72 の旧態化で凋落するロータスは、それぞれ懸命のモディフィケーションに注目です。
セカンドグループ以降でも、人気者ジャック・ラフィーを擁するウィリアムス、グラハム・ヒル率いる悲運のエンバシー・ヒルとトニー・ブライス、エンサイン、ワトソン駆るサーティース、そしてコパスカーフィッティパルディ等、ユニークなマシーンを捉えた稀少な写真の数々を収録致します。玉石混淆の1975 年グランプリ、そのPART-02 もジョー・ホンダ渾身の写真で是非お楽しみください!

■収録予定 画像点数は…
カラー :約700 点

■収録予定チームは…
●1975 年
マクラーレン
ヘスケス
タイレル
ロータス
ウィリアムズ
ヒル
エンサイン
サーティース
コパスカーフィッティパルディ

■収録レースは…
●1975 年
スウェーデンGP
オランダGP
フランスGP
イギリスGP
アメリカGP

・発売:2016年 4月22日頃
・版形:A4 変形版(天地297mm×左右232mm)
・頁数:全108 ページ(予定)
・言語:日本語/英語併記あり
・ 価格:3,143 円(税別)
・版元:株式会社 モデルファクトリーヒロ
東京都足立区東保木間2-3-8 TEL03-5851-2522 FAX03-5851-2524



¥3143 (+税)
在庫切れ
在庫あり