2019/5 18

1/12scale Fulldetail Kit : Williams FW16


発売中 [ 2019年5月再販 ]

2019.04.18 新規画像をUPしました。

永らく在庫切れだった”1/12scale Fulldetail Kit : Williams FW16″を数量限定で2019年5月再販いたします。無くなり次第終了となりますので、お早目のご注文をお願い致します。


【 Williams FW16について 】
1993年シーズンに圧倒的な速さを誇ったチャンピオンマシン、FW15Cの後継マシンとして登場したFW16は、A.セナという当時最高のドライバーを迎えて1994年グランプリを戦いました。
ハイテク技術がレギュレーションにより禁止され、パトリック・ヘッドとエイドリアン・ニューウェイの設計により空力を重視したデザインとして仕上げられたFW16はコントロールにナーバスなマシンとなり、セナといえど苦戦を強いられることになります。
その1994年開幕からセナのラストレースとなったサンマリノGPまでの、FW16が戦った3戦の軌跡を1/12スケールでモデル化しました。

 

【キット概要 】
■ホワイトメタル、ウレタン樹脂、金属挽き物、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、デカール、各種コード類を使用したマルチ・マテリアル・キット。

■リアカウル、フロントノーズ、フロントサスペンションカバーは脱着が可能で、完成後も内部構造を見ることができます。

■タイヤはスポンサーロゴ等が印刷済み。

 

【 バリエーション 】

K495-Ver.A :
1994 Rd.1 Brazilian GP
#2 A.Senna / #0 D.Hill

ブラジル開幕仕様の、3枚フラップが特徴的なリアウイングとフロントウィングを再現。


K496-Ver.B :
1994 Rd.2 Pacific GP
#2 A.Senna / #0 D.Hill

低速コース仕様のメゾネットが付いたリアウイングやフロントウイングのパシフィックGP仕様をモデル化。


K497-Ver.C :
1994 Rd.3 San Marino GP
#2 A.Senna / #0 D.Hill

高速サーキット対応の2枚フラップを持つリアウイングを使用した、サンマリノGP仕様を再現しました。



K495 K496 K497 1/12scale Fulldetail Kit : Williams FW16¥70000 (+税)
K495 在庫あり
K496 在庫あり
K497 在庫あり